English Page

日本刀の販売

メニュー
トップページ » 日本刀販売 刀剣販売 刀販売 » 脇差 » 脇差 伯耆信高(WA-098136)
伯耆守信高の刀は質実剛健を旨としながらもその豪壮な作りこみで大業物として世に知られる。

脇差 伯耆守藤原信高 (新刀上作・大業物)

Wakizashi [Houkinokami Nobutaka] (Shintou Jyousaku・Wazamono)


脇差 伯耆守藤原信高 (新刀上作・大業物)

品番:WA-098136
価格 (price)売約済/sold out(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

特価品

国・時代: 尾張国 江戸時代前期 寛文頃 1661年~頃

刃長:41.5cm(一尺三寸七分) 反り:0.8cm 元幅:3.2cm 元鎬重:0.82cm
先幅:2.75cm 先鎬重:0.55cm
茎:生ぶ、筋違鑢目、目釘穴二

体配:大切先、冠落とし、庵棟、姿健全。
彫物:表裏に薙刀樋と添樋を彫る。
地鉄:板目肌、地沸つく。
大互の目乱。小沸付く。
帽子:乱れて先尖り小丸に深々と返る。
登録:東京都 平成20年 再交付

【解説】本作は銘ぶりからして伯耆守初代信高の作と鑑せられます。銘は伯耆守藤原信高、伯耆守藤原朝臣信高などと切ります。寛永九年に濃州上有知に生まれました。三河弥兼則の子孫で河村左衛門と称しました。寛文五年三月五日三十四歳のときに伯耆守を受領して信高を名乗りました。同年五月に尾張二代藩主徳川光友の命により尾張徳川家のお抱え鍛冶に任じられ扶持十人分を受けました。信高円熟期の寛文から延宝の尾張国では刀剣の需要が多く特に頑丈なものが求められ、信高の刀は質実剛健を旨としながらもその豪壮な作りこみで大業物として世に知られるようになりました。晩年は名古屋に転じ隠居して名を慶遊と改めました。宝永四年八月二十日享年七十六歳没。現存する信高の作は二代、三代のものがほとんどで、初代作は希少となります。
作品は姿見るからに豪壮であり、元先身幅広く、元の重ねは8ミリを超える。地鉄は板目肌鍛えに地沸がついて、刃文は互の目乱れて匂い締まり心に小沸がついた出来で、刃縁には荒沸がキラキラ光り輝き誠に覇気がありズッシリ手ごたえを感じる一振りとなります。茎の状態も申し分なく銘ぶりも立派です。なお本作は気の利いた拵えに収まっています。笛巻き鞘、時代の良い金物を用いた高級な拵で、鍔一枚手にとっても作柄が良く、相当な身分の御方の指料であったに違いなく内外共に優れた優品であります。需要最盛期の寛文から延宝期の尾張刀工であった信高の高度な技量を十分に示した、生ぶ茎で地刃共に健全な初代信高の優秀作です。金着岩石はばき。

全てのVISAカード、Masterカード、NICOSカード、UFJカード、DCカード、
がご利用頂けます。ボーナス一括払い。1~24回まで分割払いも可能。

ご注文はこちらから
注文する(日本語) ORDER (English)
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。
掲載されている商品は店舗でご覧いただけます。ご来店の前にお電話にてご確認ください。
電話・メール・WEBで問い合わせる銀座店のご案内はこちら

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




刀の新着一覧はこちら刀・太刀の一覧はこちら
新着日本刀ピックアップ
新着商品をもっと見る

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する株式会社 銀座 誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀販売 株式会社 銀座 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示