English Page

日本刀の販売

メニュー
トップページ » 日本刀販売 刀剣販売 刀販売 » 脇差 » 脇差 於紀州安広(WA-040320)
本刀は紀州安広の真価が余すところ無く発揮された拵付きの優脇差です。

脇差 於紀州安広 附 黒石目塗鞘脇差拵 特別保存刀剣

Wakizashi [Kisyu-Yasuhiro] [N.B.T.H.K] Tokubetsu Hozon Token


脇差 於紀州安広 附 黒石目塗鞘脇差拵 特別保存刀剣

品番:WA-040320
価格 (price)800,000円(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

鑑定書:Paper(Certificate):特別保存刀剣鑑定書

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai): 紀伊国,和歌山県(Ki) 江戸時代中期 寛文頃(Edo era about 1661~)

刃長:Blade length(Cutting edge): 54.8cm(一尺八寸強)反り:Curve(SORI): 1.6cm
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.20cm 元鎬重:Thickness at the Moto-Kasane: 0.84cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.6cm  先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.75cm 
拵全長:Length of Koshirae : 約76cm  茎:Sword tang(Nakago): 生ぶ。筋違鑢目。目釘穴1個。

体配:Shape(Taihai): 鎬造、庵棟、中切っ先。
地鉄:Jigane(Hada): 小板目肌練れて地沸付く。
刃文:Temper patterns(Hamon): 互の目刃紋。
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi): 直ぐに小丸に返る。
登録:Registration Card: 長野県

【解説】於紀州安広は紀州を代表する刀工で、本名は富田三郎兵衛といいます。新撰組一番隊組長沖田総司の佩刀で名高い「大和守安定」の実父にあたります。また、紀州安廣は平安城安廣ともいい、平安城正俊の師でもあります。安廣は元和六年(1620年)に近江から紀州へと移り住み、寛永十三年(1636年)に紀州藩のお抱え藩工となりましたが、正保元年(1644年)に紀州藩を御役御免となりました。正保三年(1646年)に子である安定と共に江戸に下った後、慶安三年(1650年)に京都に入り、承応三年(1654年)に京で没しました。於紀州安廣の他、紀州住安廣、紀伊國安廣、紀州和歌山住安廣、武州住安廣などと刻銘された作品が残ります。安廣は直焼きだしがある互の目丁子刃紋を得意とする刀工で、菊紋を切る作品もあります。
本作は、よく練れた地鉄に互の目乱れ刃紋を焼いた脇差です。体配は刃長が一尺八寸、身幅重ねがしっかりとし中切先が延びる姿の脇差で至って健体です。地鉄は小板目肌が練れてしっとりとした大阪地鉄を思わせる綺麗な地鉄です。刃文は、匂口明るく冴えて小沸がつく、直ぐで焼きだし互の目乱れになる華やかな刃紋となります。帽子は直ぐ調子となり先掃きかけて小丸へ返ります。茎は生ぶで銘が立派に残ります。本刀は紀州安広の真価が余すところ無く発揮された拵付きの優脇差です。白鞘、附 黒石目塗鞘脇差拵、特別保存刀剣鑑定。

ご注文はこちらから
注文する(日本語) ORDER (English)
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。
掲載されている商品は店舗でご覧いただけます。ご来店の前にお電話にてご確認ください。
電話・メール・WEBで問い合わせる銀座店のご案内はこちら

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




刀の新着一覧はこちら刀・太刀の一覧はこちら
新着日本刀ピックアップ
新着商品をもっと見る

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する株式会社 銀座 誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀販売 株式会社 銀座 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示