日本刀の販売

トップページ » 日本刀販売 刀剣販売 刀販売 » 刀・太刀 » 刀 越前国下坂貞次 (立葵紋) (KA-120515)
本刀は本多成重の帯刀であるか、由縁の刀であるに違いなく、戦国ロマンが溢れる名刀であります。

刀 越前国下坂貞次 (立葵紋) 重胴及度々末世劔是也 薫山鑑刀日々抄所載品 薫山鞘書 28回重要刀剣指定品

Katana [Echizen Shimosaka Sadatugu] [N.B.T.H.K] Jyuyou Touken


刀 越前国下坂貞次 (立葵紋) 重胴及度々末世劔是也 薫山鑑刀日々抄所載品 薫山鞘書 28回重要刀剣指定品

価格 (price)御成約/sold out(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:KA-120515

鑑定書:Paper(Certificate):  日本美術刀剣保存協会 重要刀剣

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai): 越前国(Echizen) 安土桃山時代~江戸初期(Azuchi Momoyama era 1600年頃)

刃長:Blade length(Cutting edge): 72.8cm(二尺四寸二分)  反り:Curve(SORI): 1.7cm
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.13cm  元重:Thickness at the Moto-Kasane: 0.72cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.4cm  先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.55cm
茎:Sword tang(Nakago): 生ぶ茎、勝手下鑢目、目釘孔1個

体配:Shape(Taihai): 中切先、鎬造り、庵棟。   
地鉄:Jitetsu(Hada): 板目肌、杢目交じり地沸つき地景入る。
刃紋:Temper patterns(Hamon): 丁子に互の目交じる。
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi):乱れこみ掃きかけ小丸へ返る。
登録:Others: 東京都

【解説】初代越前日向守貞次の刀で、同作には見事な紀内彫があるもの、本作のように越前家の家老の本多飛騨守成重の立葵紋を切り、康継同様の重胴及度々末世劔是也の裁断銘を添えるものもある。薫山の書では、この貞次を日向大掾貞次の初代よりも古い二代康継を下らない貞次としており、つまりは安土桃山時代の慶長頃の作ということになる。また、同書では本刀を本多成重の注文打の刀かも知れないと褒めて〆くくっている。重要図譜のコメントでは「同作中、出色の一口である」と最大の賛辞を呈している。
本多成重(幼名、仙千代)は元亀三年より正保四年(1572~1647)安土桃山時代から江戸初期の徳川家に仕えた武将で、武功を挙げて松平忠直の付家老になり、大阪の陣でも武功を挙げ慶長九年に従五位下飛騨守に任官し、寛永元年には丸岡四万三千石の大名となった戦国の世を生きた人です。本刀は本多成重の帯刀か、由縁の刀であるに違いなく、戦国ロマンが溢れる名刀であります。
本作体配は、刃長が二尺四寸強で、身幅は元先ともに尋常。腰返り頃合でふんばり付く姿力強い御刀です。地鉄は、板目肌流れ心で杢目交じり地沸ついて地景入る、いかにも強靭な鍛の地鉄です。刃紋は強い沸出来の丁子に互の目が交じる刃で、よく乱れ足入り、砂流ししきりに掛かり、金筋交えて働きは盛んで、指裏下半に湯走り飛焼きかかって覇気がある。帽子は乱れ込んで先掃き掛けて小丸へ返ります。茎は文句なしの保存状態で、銘ぶり極めて立派です。白鞘薫山鞘書、はばき、元銀着で上金着二重、薫山鑑刀日々抄所載品です。

ご注文はこちらから
注文するorder
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




ご注文はこちらから
注文するorder

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する有限会社誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀・刀剣 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店「日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂」におまかせください