日本刀の販売

トップページ » 日本刀販売 刀剣販売 刀販売 » 刀・太刀 » 刀 会津住藤原道守作 (KA-031313)
会津住藤原道守作。この刀を手にした御客様は、きっと、会津藩士の気質、会津武士道を肌で感じられることでしょう。

刀 会津住藤原道守作 慶応元年八月吉日 日本刀剣保存会鑑定書

Katana (Aizu Jyu Fujiwara Mitimori) [N.T.H.K] Nihon Tokuken Hozonkai


刀  会津住藤原道守作 慶応元年八月吉日 日本刀剣保存会鑑定書

価格 (price)御成約/sold out(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:KA-031313

鑑定書:Peper(Certificate):  日本刀剣保存会鑑定書

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai) : 陸奥国会津(Aizu/fukushima) 慶応元年(Edo era 1865年)

刃長:Blade length(Cutting edge): 69.4cm(二尺二寸九分) 反り:Curve(SORI): 反り:1.0cm
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.03cm 元鎬重:Thickness at the Moto-Kasane: 0.78cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.4cm 先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.6cm
茎:Sword tang(Nakago): 生ぶ。切り鑢、目釘穴:(Mekugiana):1個。

体配:Shape(Taihai): 大切先、鎬造り、庵棟。
地鉄:Jitetsu(Hada): 板目肌。
刃紋:Temper patterns(Hamon): 湾れ刃紋。
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi): やや乱れて小丸へ返る。
登録:Registration Card: 東京都

【解説】会津住藤原道守は会津道辰系の鍛冶で渡辺道重の子です。現存する作品は非常に少なく、本刀は資料性が高いということで非常に貴重な刀です。
本刀体配は、刃長はほぼ定寸。身幅元先確りとして重ね厚くがっしりとした姿の刀で、反りやや浅く、切っ先が大きく伸びて大切っ先となる豪壮な御刀です。地鉄は板目肌鍛えで地沸が付く丈夫な地金です。刃紋は匂勝ちの湾れを基調とした刃で、小互の目交え、所々二重刃掛かるなどし変化に富んだ刃紋となり、刃中の働きは、足、葉入りて、帽子には金線働くなど覇気に飛んだ働きを見せています。姿は幕末の騒然とした時期、血気盛んな会津藩士が腰に差したものであり、手にして気迫が伝わってくる一言で云うなら実戦に備えた質実剛健ぶりを顕示しているかの如き一振です。
本年のNHK大河ドラマの舞台は会津です。鳥羽・伏見の戦いで幕府軍は敗れ、会津は新政府軍から「逆賊」として扱われることになります。鶴ヶ城での籠城戦で戦う会津軍と新政府軍との力の差は歴然としたものでした。日和見主義の諸藩の動きの中にあっても忠義を貫く会津藩。この刀を手にした御客様は、きっと、会津藩士の気質、会津武士道を肌で感じられることでしょう。白鞘、赤銅着一重はばき。日本刀剣保存会鑑定書、鑑定書は届き次第送付します。

ご注文はこちらから
注文するorder
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




ご注文はこちらから
注文するorder

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する有限会社誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀・刀剣 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店「日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂」におまかせください