English Page

日本刀の販売

メニュー
トップページ » 日本刀販売 刀剣販売 刀販売 » 刀・太刀 » 刀 重則 第56回重要刀剣 (KA-090421)
鎌倉時代末期に備前国和気庄に在住した刀工である重則の作品。同工の在銘作は稀有であり、和気一門の研究をする上で、大変貴重な資料となります。

刀 重則 第56回重要刀剣

Katana[Shigenori][N.B.T.H.K] Juyo Token


刀 重則 第56回重要刀剣

品番:KA-090421
価格 (price)4,500,000円(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

鑑定書:Paper(Certificate): 第56回重要刀剣指定

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai):備前国,岡山県(Bizen)・鎌倉時代末期(Kamakura era about 1321~)

刃長:Blade length(Cutting edge): 64.5cm(二尺一寸二分八厘)反り:Curve(SORI): 1.65cm
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba): 2.6cm 元鎬重:Thickness at the Moto-Kasane: 0.63cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 1.65cm  先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.50cm

【重要刀剣図譜より】
形状 鎬造、庵棟、細身、元先の幅差頃合、反りやや高く、腰反りつき、先にも反り加わり、中鋒。
 板目肌、少しく流れ、地沸厚くつき、地景入り、処々地斑交じり、淡く映り立つ。
刃文 細直刃基調に小乱れ・小互の目・小丁子交じり、小足よく入り、匂勝ち小沸つき、僅かに金筋・砂流しかかり、匂口うるみごころ。
帽子 直ぐ調に小丸風に返る。  
  磨上、先切り、鑢目(旧)筋違・(新)勝手下がり、目釘孔三個、佩表茎先棟寄りに細鏨の二字銘がある。

説明 鎌倉時代末期に備前国和気庄に在住した刀工に重則と重助がいる。両者の現存作は稀有であるが、重則には元享四年紀の作が現存し、また重助には嘉暦三年紀の作があるなど、両工の活躍した時代を窺い知ることが出来る。和気は古備前刀工の故地推定地の一つに挙げられ、一説に彼らも古備前の流れを汲む刀工と言われるが詳らかでない。その作風は小板目に乱れ映りが立ち、直刃調に小互の目を交え、帽子が浅くのたれて小丸に返るなど当時の長船物に近いものがある。
 この太刀は、細身であり、鍛えに映りが立ち、刃文は細直刃を基調に小乱れ・小互の目・小丁子を交えて小足がよく入り、匂勝ちとなるなど、鎌倉時代後期の長船物に近似するが、乱れがややこずみ、小互の目が交じるところなどに和気一門の特色が現れている。和気重則の在銘品は稀有であり、同工及び同派の作風を知る上で、本作は大変貴重な資料となる。

ご注文はこちらから
注文する(日本語) ORDER (English)
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。
掲載されている商品は店舗でご覧いただけます。ご来店の前にお電話にてご確認ください。
電話・メール・WEBで問い合わせる銀座店のご案内はこちら

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




刀の新着一覧はこちら刀・太刀の一覧はこちら
新着商品ピックアップ
新着商品をもっと見る

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する株式会社 銀座 誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀販売 株式会社 銀座 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示