English Page

日本刀の販売

メニュー
トップページ » 日本刀販売 刀剣販売 刀販売 » 脇差 » 脇差 兼元(WA-080320)
本作は美濃鍛冶の双璧として活躍した兼元の脇差で、身幅がたっぷりとして健全で姿が良い。少なくとも室町時代の天正あたりの兼元を下ることは無かろうと鑑せられる拵付の一口です。

脇差 兼元 附 黒呂塗鞘脇差拵 保存刀剣鑑定書

Wakizashi [Kanemoto] [N.B.T.H.K] Hozon Token


脇差 兼元 附 黒呂塗鞘脇差拵 保存刀剣鑑定書

品番:WA-080320
価格 (price)750,000円(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

鑑定書:Paper(Certificate):保存刀剣鑑定書

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai):美濃国(Mino)・室町時代末期、天正頃(Muromachi era about 1573頃)

刃長:Blade length(Cutting edge): 55.4cm(一尺七寸九分弱)反り:Curve(SORI): 1.2cm
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.14cm 元鎬重:Thickness at the Moto-Kasane: 0.66cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.60cm  先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.55cm 
拵全長:Length of Koshirae : 約 84cm  茎:Sword tang(Nakago): 鷹の羽鑢目。目釘孔2。

体配:Shape(Taihai):中切先、鎬造、庵棟。
地鉄:Jitetsu(Hada): 板目肌。
刃紋:Temper patterns(Hamon): 尖り互の目交る。
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi): 乱れて返る
登録:Registration Card: 岡山県 昭和29年登録

【解説】濃州赤坂は現在の岐阜県大垣市にあたり、古くから金生山の中央部、更紗山(さらさやま)からは、石灰石とともに良質な赤鉄鉱が採掘されており、これらを用いた、製鉄の技術が伝わりました。つまり、この地方は原料の鉄に恵まれた、刀作りに適した地であったといえます。同地に永正年間(1504年~)頃、兼定、兼元などが出て、美濃鍛冶の双璧として活躍しました。両者共に後代まで同銘で引き継がれますが、特に技量的に優れ成功を収めたのが、三本杉刃紋で有名な二代兼元で、孫六兼元と称されております。本刀の兼元がどの人の作なのかは断定が難しいところですが、少なくとも室町時代の天正あたりの兼元を下ることは無かろうと鑑せられる一口です。
本作体配は、刃長が一尺七寸九分弱ほどの長さの脇差で、身幅は元先が広くしっかりとした体配でちょうど片手打として使い勝手が良さそうな、時代背景に合致した姿の脇差です。刃紋は、二代兼元の作の中に見る匂主体の焼頭が尖った互の目が交り小沸がつくもので、後代といわれる兼元に良く有り勝ちな、整った三本杉と称されるかたちとは異なる刃紋です。地鉄は、板目肌が練れて肌がよく現れ映りが立ち、やや白るなどし、伝法に則った作柄を顕著に呈しています。帽子はそのまま乱れながら小丸へ返ります。茎は保存状態が良く兼元の刻銘がきっちりと残ります。拵は写真の通りです。そう傷みが無くこのまま添えてお持ちになれます。白鞘、金着二重はばき、脇差拵、保存刀剣鑑定書。

ご注文はこちらから
注文する(日本語) ORDER (English)
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。
掲載されている商品は店舗でご覧いただけます。ご来店の前にお電話にてご確認ください。
電話・メール・WEBで問い合わせる銀座店のご案内はこちら

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




刀の新着一覧はこちら刀・太刀の一覧はこちら
新着商品ピックアップ
新着商品をもっと見る

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する株式会社 銀座 誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀販売 株式会社 銀座 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示