English Page

日本刀の販売

メニュー
トップページ » 日本刀販売 刀剣販売 刀販売 » 脇差 » 脇差 対馬守藤原貞重 (WA-010128)
対馬守藤原貞重は寛文新刀期の巨匠で尾張の名工です。切れ味名高く良業物。

脇差 対馬守藤原貞重 保存刀剣鑑定書 良業物

Wakizashi [Tushimanokami Sadashige] [N.B.T.H.K] Hozon Token


脇差  対馬守藤原貞重 保存刀剣鑑定書  良業物

品番:WA-010128
価格 (price)売約済/sold out(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

鑑定書:Paper(Certificate): 保存刀剣鑑定書鑑定書

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai): 尾張(Owari) 江戸時代・寛文頃(Edo era 1661~1672年頃)

刃長:Blade length(Cutting edge): 48.5cm(一尺六寸強) 反り:Curve(SORI): 1.0cm
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.05cm 元鎬重:Thickness at the Moto-Kasane: 0.65cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.5cm  先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.5cm
茎:Sword tang(Nakago): 生茎、筋違鑢目。目釘穴一。

体配:Shape(Taihai): 鎬造、庵棟、中切っ先。
彫物:Engraving: 表裏に棒樋を彫る。
地鉄:Jigane(Hada): 小杢目詰んで地沸つく。
Temper patterns(Hamon): 匂出来の直刃。
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi): そのまま直ぐとなり小丸に返る。
登録:Others: 愛知県

【解説】対馬守藤原貞重は寛文新刀期の巨匠で、尾張で活躍した名工です。大阪にも住していたと伝えられています。切れ味には定評があって新刀の良業物となり名声を高めました。作は反り浅い寛文新刀姿で、表裏の棒樋が刀身を引き締めています。完全生茎で見所多い良脇差で、小杢目詰んで地沸ついた地鉄に、匂口締まった直刃を焼いています。姿に雅味があり対馬守藤原貞重の特徴がよく現れた作で、保存刀剣に認定された優品の一口となります。白鞘、金着せ一重はばき。※本品は特別特価品につき、カードをご利用の場合には、3パーセントの手数料を申し受けます。

全てのVISAカード、Masterカード、NICOSカード、UFJカード、DCカード、
がご利用頂けます。ボーナス一括払い。1~24回まで分割払いも可能。

ご注文はこちらから
注文する(日本語) ORDER (English)
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。
掲載されている商品は店舗でご覧いただけます。ご来店の前にお電話にてご確認ください。
電話・メール・WEBで問い合わせる銀座店のご案内はこちら

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




刀の新着一覧はこちら刀・太刀の一覧はこちら
新着日本刀ピックアップ
新着商品をもっと見る

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する株式会社 銀座 誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀販売 株式会社 銀座 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示