日本刀の販売

トップページ » » 鍔 無銘 柊屋 般若唐子透鍔(TU-010916)

鍔 無銘 柊屋 般若唐子透鍔 特別保存刀装具鑑定書

Tsuba [Mumei Hiragi-ya Hannya-Karako-Sukashi Tsuba][N.B.T.H.K]Tokubetsu Hozon Tousougu


鍔 無銘 柊屋 般若唐子透鍔 特別保存刀装具鑑定書

価格 (price)400,000円(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:TU-010916 

鑑定書:Paper(Certificate):特別保存刀装具鑑定書

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai):江戸時代(Edo era)

般若唐子透鍔 竪丸形 鉄地 高肉彫地透 象嵌 赤銅覆輪耳
縦:Length:8.17cm  横:Width:7.88cm  切羽台厚:Thickness:0.55cm 重量:Weight: 118g
桐箱入(In paulownia wood box) 

[解説] 無銘で柊屋(ひいらぎや)と鑑定された鍔である。京都に柊屋という屋号であり、これは金工、西村政貫の屋号で文政十一年に京都で生まれ、青木春貫に学んだと伝えられる。晩年は彫金の業を廃し、柊屋という旅宿を営業しておりました。これをどう誤ったものか、柊屋は鍔商であるとし、一種の華美な、歴史的人物などの図様を高肉彫地透、または鋤出肉彫にし、これに金銀象徴、色絵を施した鍔を柊屋製と称して大いに流行し、柊屋鍔と賞讃されてきました。尚、前述の作風を示しているものに「洛南住元武」「洛南住光武」などと銘を切ったものがあります。元来、宗典を模倣したものと思われ在銘の鍔より考察しますと、宗典とはまた別種の趣があります。本作は型丸形で縦 8.2cm、横 7.2cmと大振りな鍔を高肉彫地透としている。般若の形相鋭く顔は銀、衣は金象嵌としている。唐子二人も同じ手法を施して、画題としては面白いものである。また耳は時代の赤銅覆輪が掛けられ、一層図様を引き立たせている。一幅の掛軸を見るような柊屋の優鍔であります。

ご注文はこちらから
注文する(日本語) ORDER (English)
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。
掲載されている商品は店舗でご覧いただけます。ご来店の前にお電話にてご確認ください。
電話・メール・WEBで問い合わせる銀座店のご案内はこちら

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。



刀の新着一覧はこちら刀・太刀の一覧はこちら
新着日本刀ピックアップ
新着商品をもっと見る

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する株式会社 銀座 誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀販売 株式会社 銀座 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂におまかせください