日本刀の販売

トップページ » 刀装具販売 目貫販売 縁頭販売 » 笄 銘 明治四辛未孟冬日 竜胆唐草図割笄 勤作之(一乗派) (KO-070819)

笄 銘 明治四辛未孟冬日 竜胆唐草図割笄 勤作之(一乗派) 特別保存刀装具鑑定書

Kougai [Rindou-Karakusa-zu Saki-Kougai] [N.B.T.H.K] Tokubetsu Hozon Tosougu


笄 銘 明治四辛未孟冬日 竜胆唐草図割笄 勤作之(一乗派) 特別保存刀装具鑑定書

価格 (price)350,000円(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:KO-070819

鑑定書:Paper(Certificate): 特別保存刀装具鑑定書

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai): 江戸時代(Edo era)

竜胆唐草図割笄 金無垢石目地 高彫
縦長さ:Length:14.9cm  横巾:Width:0.95cm  厚:Thickness:0.37cm
五七桐紋漆塗箱入(In Lacquered box)

【解説】製作された年号は記されているが、作者の銘が入っていない。一乗派と鑑定されている。後藤一乗は、寛政三年(1791)三月三日に京都室町頭木の下町で後藤七郎右衛門重乗の次男として生まれる。実の兄弟に光照、光覧の巧手がいる。幼少の頃、乞われて同苗の八郎兵衛謙乗の養子となる。十一歳で半左衛門亀乗に師事し、文化二年に養子謙乗の病死により、十五歳で家督を相続して八郎兵衛家の六代目の当主となり、光貨と名乗る。文化八年(1811)に二十一歳で光行と改名し、江戸の宗家、四郎兵衛家の加役である大判の墨書改めや分銅の製作などの京都における業務も代行した。さらに、文政七年(1824)には光代と改名した。光格帝の正宗の刀の装具製作を行い、同年十二月十九日に法橋の位に叙されている。これを機に一乗と名乗り、一乗光代と称した。時に三十四歳で、本邦彫金界の掉尾を飾った名人である。本作は純度の高い金無垢地に竜胆唐草を高彫とし、地は石目仕立てとしている。竜胆は秋に薄紫色の花を咲かせ可憐さを感じさせ、一乗派にも見られる画題である。出来も良く、担当拵には無くてはならない割笄です。

ご注文はこちらから
注文する(日本語) ORDER (English)
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。
掲載されている商品は店舗でご覧いただけます。ご来店の前にお電話にてご確認ください。
電話・メール・WEBで問い合わせる銀座店のご案内はこちら

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




刀の新着一覧はこちら刀・太刀の一覧はこちら
新着日本刀ピックアップ
新着商品をもっと見る

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する株式会社 銀座 誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀販売 株式会社 銀座 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂におまかせください