日本刀の販売

トップページ » 日本刀販売 刀剣販売 刀販売 » 刀・太刀 » 刀 水戸住直江助政 (KA-333333)
本刀は、直江助政51歳の作にして、すこぶる健在にして、水戸刀中第一の名刀と思われます。

刀 水戸住直江助政 文化十二年八月日 第18回重要刀剣 (水戸市文化財指定品)

Katana [Mito-Jyu Naoe Sukemasa] [N.B.T.H.K]Jyuyoutouken


刀 水戸住直江助政 文化十二年八月日 第18回重要刀剣 (水戸市文化財指定品)

価格 (price)参考品(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:KA-333333

鑑定書:Paper(Certificate): 第18回重要刀剣 (水戸市文化財指定品)

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai): 水戸(Mito) 文化十二年(Edo era 1815年)

刃長:Blade length(Cutting edge): 70.3cm(二尺三寸二分)  反り:Curve(SORI): 1.4cm
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba):3.22cm  元鎬重:Thickness at the Moto-Kasane: 0.76cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.55cm  先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.6cm
茎:Sword tang(Nakago): 生ぶ、勝手下鑢目。目釘穴:(Mekugiana):1個

体配:Shape(Taihai): 鎬造り、庵棟 中切先。  
地鉄:Jitetsu(Hada): 小杢目、地沸つく。
刃紋:Temper patterns(Hamon): 湾れ刃紋。
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi): 小丸へ返る。
登録:Registration Card: 福島県

【解説】水戸住直江助政の傑作刀で、第18回重要刀剣指定品です。なお本刀は、水戸市の文化財にも指定された品であり、刀の解説は水戸市のホームページを御参照ください。
以下、ホームページより
直江助政は、通称直江新蔵と称し水戸家の刀工で、市毛徳鄰と共に幕末における水戸を代表する名工です。本刀は、本造りで庵棟(いおりむね)は、身巾広く、中切先(ちゅうきっさき)、鍛は、小杢目(こもくめ)良く錬れ、地沸(じにえ)ついています。刃文は、直刃ゆったりとのたれて、刃ぶち沸匂い深々として、明るく冴えています。刃長は70.3cmで、反りは1.4cmです。本刀は、直江助政51歳の作にして、すこぶる健在にして、水戸刀中第一の名刀と思われます。。http://www.city.mito.lg.jp/001373/001374/0/shiteibunkazai/siteibunkazai/katana4.html

ご注文はこちらから
注文するorder
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




ご注文はこちらから
注文するorder

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する有限会社誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀・刀剣 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店「日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂」におまかせください