English Page

日本刀の販売

メニュー
トップページ » 日本刀販売 刀剣販売 刀販売 » 刀・太刀 » 太刀 加賀住両山子正峯作(隅谷正峯) 人間国宝 (KA-090222)
本作、人間国宝 隅谷正峯の入念作です。自家製鋼の研究成果をよく示した美しい鍛えに、焼刃は単調にならず変化がついた華やかな丁子刃を焼いており、人間国宝としての力量を強く打ち出した優品です。

太刀 加賀住両山子正峯作(隅谷正峯) 甲寅年二月日 特別保存刀剣鑑定書 人間国宝

Tachi [Kaga-ju-Ryosanshi-Masamine (Sumitani-Masamine)][N.B.T.H.K]Tokubetsu Hozon Token The holders of Important Intangible Cultural Property (Living National Treasure)


太刀 加賀住両山子正峯作(隅谷正峯) 甲寅年二月日 特別保存刀剣鑑定書 人間国宝

品番:KA-090222
価格 (price)3,600,000円(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

鑑定書:Paper(Certificate): 重要無形文化財保持者(人間国宝)、特別保存刀剣鑑定書(到着待ち)

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai):石川県(Ishikawa)・昭和四十九年(Showa era 1974)

刃長:Blade length(Cutting edge): 79.6cm(二尺六寸二分六厘) 反り:Curve(SORI): 3.0cm
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.33cm 元鎬重:Thickness at the Moto-Kasane: 0.81cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.65cm 先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.55cm 
茎:Sword tang(Nakago):生ぶ、化粧筋違鑢目、目釘孔1個。

体配:Shape(Taihai): 鎬造、庵棟、中切先。
地鉄:Jigane(Hada): 板目肌に杢目を交える。
Temper patterns(Hamon): 丁子乱れ。
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi): 乱れて先小丸へ返る
登録Registration Card: 石川県

【解説】
加賀住両山子正峯作(隅谷正峯)(本名:隅谷與一郎、1921年1月24日 - 1998年12月12日)は石川県松任市辰巳町(現在の白山市)出身の刀匠です。全日本刀匠会元理事長。日本美術刀剣保存協会元理事。1941年立命館大学理工学部機械工学科卒業と同時に刀匠・桜井正幸に入門します。独立後は興国日本刀鍛錬所(広島県尾道市)へ。その後、日本刀鍛錬所傘笠亭(さんりゅうてい)を松任市に開いて一文字や長光等の備前古名刀の写など多くの作品を手掛けました。昭和40年、41年、49年には新作名刀展の最高賞である正宗賞を受賞しています。同39年、41年、44年、平成元年には伊勢神宮式年遷宮御神宝太刀(ごしんぽうたち)を制作しました。昭和50年(1975)ごろから正倉院蔵刀子や四天王寺蔵刀剣類を参考に、小刀や刀子を研究、制作を続けました。鎌倉時代の備前刀風を得意とし、隅谷丁子(すみたに・ちょうじ)と呼ばれる伝統の踏襲を超えた華麗な丁子刃文を完成し無鑑査刀匠となりました。 更に、自家製鋼の研究を経て、地鉄(じがね)の研究、銑卸(ずくおろし)の刀剣を制作して、独学で鎌倉時代の地鉄を再現し新たな鍛錬法を探求しました。日本刀の美しさへの挑戦意欲はとどまることなく、第一回作刀技術発表会以来の連続出品数も最多となり、生涯において他の刀匠の追随を許しませんでした。こうして1981年4月20日には「人間国宝」に認定されます。正峯は、皇室関連の作刀を行っていることでも知られ、平成3年(1991年)には眞子内親王、同5年(1993年)には皇太子妃雅子、同6年(1994年)には佳子内親王の賜剣の儀で、彼の製作した守り刀が天皇から授けられることになります。第1回薫山賞(1972年)、紫綬褒章(1984年)、重要無形文化財「日本刀」保持者認定(1981年)、中日文化賞(1992年)、勲4等小綬章(1994年)、日本刀の人間国宝としては、高橋貞次、宮入昭平、月山貞一に次ぐ4人目の認定者となりました。
本刀は、刃長が二尺六寸二分六厘と長寸で、身幅元先広く、重ね尋常、腰反り高くつき、猪首切っ先となる豪壮な刀姿です。地鉄は板目が詰んで杢目を交じえ、肌現れて地沸微塵に付きます。棟より淡く映りが立って潤いに富んだ美麗な鍛えとなります。刃文は総体丁子を主として大丁子、蛙子丁子、房が丸い大丁子などを交えて変化を見せる美麗な刃文となります。焼き高く、小沸出来で匂深く明るく冴えます。刃中には足と葉が入ります。また一部に地中の働きが刃中にも現れ、金線が幾重にもかかり働きます。焼刃全体を通して働きが盛んで覇気があります。帽子は刃文の勢いを弱めて先小丸へ返ります。本作、人間国宝 隅谷正峯の入念作で同工の得意とする鎌倉時代の備前伝を意識し鍛錬された一振です。自家製鋼の研究成果をよく示した美しい鍛えに、焼刃は単調にならず変化がついた華やかな丁子刃を焼いており、人間国宝としての力量を強く打ち出した優品です。 白鞘、金着せ二重はばき。特別保存刀剣鑑定書。

ご注文はこちらから
注文する(日本語) ORDER (English)
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。
掲載されている商品は店舗でご覧いただけます。ご来店の前にお電話にてご確認ください。
電話・メール・WEBで問い合わせる銀座店のご案内はこちら

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




刀の新着一覧はこちら刀・太刀の一覧はこちら
商品ピックアップ
日本刀新着商品
新着商品をもっと見る

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する株式会社 銀座 誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀販売 株式会社 銀座誠友堂
〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示