日本刀の販売

本作の手掻包利は、室町時代の応永頃に活躍をした作者で、手掻本流の優工として知られています。

刀 伝 手掻包真 日本刀剣保存会鑑定

Katana [Tegai Kanezane][N.B.H.K] Nihontouken Hozonkzi


刀 伝 手掻包真 日本刀剣保存会鑑定

価格 (price)売約済/sold out(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:KA-080912

鑑定書:Peper(Certificate): 日本刀剣保存会鑑定書

国 Area of Origin(Kuni)・時代 Era(Jidai): 大和国(Yamato)  室町時代・応永頃(Ouei period 1394年頃)

刃長:Blade length(Cutting edge): 70cm(二尺三寸一分) 反り:Curve(SORI): 2.3cm
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba): 2.94cm 元鎬重:Thickness at the Moto-Kasane: 0.68cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.2cm  先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.5cm 
茎:Sword tang(Nakago): 生茎、勝手下鑢目。 目釘穴:(Mekugiana): 1個

体配:Shape(Taihai): 鎬造、庵棟、小切っ先。
地鉄:Jitetsu(Hada): 杢目肌詰む、地沸つく。
刃紋:Temper patterns(Hamon): 中直刃。
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi): 湾れ込み浅く小丸に返る。
登録:Registration Card: 東京都

【解説】大和鍛冶と寺院の関係は密接で、大和五派の中で最大流派であった手掻派は鎌倉時代の包永を祖とし、東大寺の西の正門である輾害門の外辺に居住して作刀したことから手掻の名があるといわれています。同派は南北朝時代さらに室町時代にわたって繁栄しました。
本作は大磨上げ無銘にして手掻包真と極められた御刀です。手掻包真は室町時代の応永頃に活躍をした作者で、手掻本流の優工として知られています。作品の体配は、長さ常寸超にして、身幅先幅も尋常。反りがやや利いて手持ちが良く、雅趣あふれる古風な姿を示する一振りです。地鉄は、板目肌が練れて詰み地沸が付く美しい肌合いの鍛肌です。刃紋は、小沸出来の中直刃で所々喰い違い刃交じり、葉、砂流し、金線などの景色が繊細に働きます。帽子湾れ込んで小丸へ浅く返ります。白鞘、素銅一重はばき。手掻包真の特色が顕著に示され古刀然とした風合いが魅力の一振りです。

ご注文はこちらから
注文する(日本語) ORDER (English)
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。
掲載されている商品は店舗でご覧いただけます。ご来店の前にお電話にてご確認ください。
電話・メール・WEBで問い合わせる銀座店のご案内はこちら

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




刀の新着一覧はこちら刀・太刀の一覧はこちら
新着日本刀ピックアップ
新着商品をもっと見る

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する株式会社 銀座 誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀販売 株式会社 銀座 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂におまかせください