日本刀の販売

トップページ » 日本刀販売 刀剣販売 刀販売 » 刀・太刀 » 刀 一貫斎繁正精鍛 (KA-080416)
冴えた地金で出来抜群の、一貫斎繁政の代表作品となる姿美しい御刀です。

刀 一貫斎繁正精鍛 昭和十九年十月吉日 無鑑査 保存刀剣鑑定

Katana (Ikkansai Sigemasa・Mukansa) [N.B.T.H.K] Hozon touken


刀 一貫斎繁正精鍛 昭和十九年十月吉日 無鑑査 保存刀剣鑑定

価格 (price)1,000,000円(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:KA-080416

鑑定書:Paper(Certificate): 保存刀剣鑑定書

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai):東京(Tokyo)昭和19年(Syouwa 1944年)

刃長:Blade length(Cutting edge): 66.6cm(二尺二寸) 反り:Curve(SORI): 2.0cm
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.35cm 元鎬重:Thickness at the Moto-Kasane: 0.75cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.6cm 先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.55cm 
茎:Sword tang(Nakago): 生茎、切鑢目、 目釘穴:Mekugiana(Rivet Holes): 1個

体配:Shape(Taihai): 平造、庵棟、身幅広く健全。
地鉄:Jitetsu(Hada): 板目肌、地沸つく、地景入る。
刃紋:Temper patterns(Hamon): 丁子乱れ刃紋。
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi): そのまま小丸へ返る。
登録:Others: 山梨県

【解説】一貫斎繁政は、本名を酒井寛といい、明治38年、静岡市音羽町に酒井安次郎(刀匠の宮口正寿の弟)の三男として生まれます。大正10年笠間繁継師に入門します。15年近い修行を経た繁政は笠間繁継より繁の一字をもらいます。初銘は繁正。後に繁政に改銘します。昭和8年より、靖国神社の日本刀鍛錬会や大倉日本刀鍛錬所にて作刀しました。昭和16年、東京都板橋区にて独立し。陸軍受命刀匠の認定を受け、更に、昭和19年には、海軍受命刀匠の認定も受けます。戦後は一貫斎繁政と名乗り精力的に鍛刀を続け、(財)日本美術刀剣保存協会の無鑑査に認定されました。平成8年91才で逝去。一貫斎繁政は戦前戦後の日本刀史に深く名を刻む誉れ高い名匠です。
本刀は海軍受命刀匠に任命された年に鍛刀された作で、当時の常寸である二尺二寸の刃長に、身幅たっぷりと広く、平肉もついた豪壮な姿を示した御刀です。地鉄は評判の通り上手いもので、板目肌が練れて流れ心となり地沸が付く強い鍛地です。刃紋は繁正が得意な小沸出来で逆掛かる丁子刃を焼いています。刃中には足よく入り、刃縁には砂流し金線が掛かり盛んに働きます。帽子はそのまま先掃き掛けて小丸へ返ります。切鑢目地仕立ての茎には太く力強い刻銘が刻まれています。この刀一見してただ者では無い御方の注文品に見えます。何故ならば、出来もさることながら、昭和19年ころの刀を見るに、これだけ丹精こめた作品が極めて少ないからです。海軍刀匠にも任ぜられた一貫斎繁正が最盛期に造った刀であることも一つの要因かも知れませんが、本作、間違えなく繁正の代表作品であると見受けられます。一貫斎繁正の傑作刀です。白鞘、金着一重はばき。保存刀剣鑑定書。

ご注文はこちらから
注文するorder
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




ご注文はこちらから
注文するorder

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する有限会社誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀・刀剣 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店「日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂」におまかせください