日本刀の販売

本刀は、よく切れる現代の業物刀として斬れ味に定評がある、筑州住宗重の上出来の鑑賞刀です。

刀 筑州住宗重作 平成十三年三月日

Katana [Cikusyu-jyu Muneshige Saku]


刀 筑州住宗重作 平成十三年三月日

価格 (price)売約済/sold out(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:KA-030415

鑑定書:Peper(Certificate): 現代刀作家

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai): 福岡県(Fukuokaken) 平成13年 (Heisei)

刃長:Blade length(Cutting edge): 71.9cm(二尺三寸七分)  反り:Curve(SORI): 1.6cm
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.16cm  元重:Thickness at the Moto-Kasane: 0.67cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.5cm  先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.55cm
刀身重量:Weight including handle: 751g  茎:Sword tang(Nakago): 茎生ぶ、筋違い鑢目。目釘孔一

体配:Shape(Taihai): 中切先、鎬造、庵棟、姿良し。  
地鉄:Jitetsu(Hada): 板目肌良く詰み地沸え付く。地鉄精良。
刃紋:Temper patterns(Hamon): 小沸出来の互の目刃紋。
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi): 直となり小丸へ返る。
登録:Others: 福岡県

【解説】筑州住宗重は、本名を古城重昭といい昭和17年生まれの刀匠です。宗勉刀匠の父である、宗弘刀匠に鍛刀を学びました。宗勉刀匠とは兄弟弟子の関係になります。その作刀は宗勉と同様で、よく切れる現代の業物刀として斬れ味に定評があります。ご紹介します御刀は、一般に拵に入って流通されている居合刀または試し切刀とは一線を引く出来の御刀です。白鞘に入り、金着せ二重はばきも付いて御金が掛かった仕立てです。鑑賞向きの一振です。
本刀は、刃長は常寸を超える刀で、身幅しっかりとして姿が美しく見栄えがします。地鉄はよく詰んだ板目肌で、ところどころ杢目が交じり、やや肌が流れます。地景もよく表れ、宗一門の特長的な強い鉄味を呈しています。
刃紋は直焼きだしがある、小沸出来の互の目刃紋で、匂口やや締まり冴えた刃です。刃中には足よく入って働きます。研磨による減りも見当たらず、生刃が残ります。茎仕立ては丁寧で、確りとした鏨使いで銘が刻されています。やはり名匠の作品であると感心させられます。白鞘、金着せ二重はばき。

ご注文はこちらから
注文する(日本語) ORDER (English)
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。
掲載されている商品は店舗でご覧いただけます。ご来店の前にお電話にてご確認ください。
電話・メール・WEBで問い合わせる銀座店のご案内はこちら

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




刀の新着一覧はこちら刀・太刀の一覧はこちら
新着日本刀ピックアップ
新着商品をもっと見る

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する株式会社 銀座 誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀販売 株式会社 銀座 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂におまかせください