English Page

日本刀の販売

メニュー
トップページ » 日本刀販売 刀剣販売 刀販売 » 脇差 » 脇差 濃州関三阿弥兼高 (業物)(WA-08032)
保存刀剣鑑定書付きの兼高業物です

脇差 濃州関三阿弥兼高 (業物) 保存刀剣鑑定書.

wakizashi [kanetaka] wazamono . NBTHK Hozon


脇差 濃州関三阿弥兼高 (業物) 保存刀剣鑑定書.

品番:WA-08032
価格 (price)売約済/sold out(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

鑑定書:  財団法人 日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書

国・時代: 美濃国・江戸時代 万治頃 1658年~1660年

刃長:56.7cm(一尺八寸七分) 反り:1.0cm 元幅:2.94cm 元鎬重:0.66cm
先幅:2.2cm 先鎬重:0.5cm
茎:生ぶ、鑢目鷹羽、目釘孔一

体配:中切先、鎬造、庵棟、反り適度でバランス良い。
地鉄:板目肌で鎬地は柾目肌。
小沸出来の中直刃。明るい。
帽子:直ぐで小丸に返る。
登録:千葉県 昭和54年

【解説】
兼高の時代は万治頃。美濃の刀匠で後に越前に移る。初代伯耆守信高の父にあたる人です。

元幅と先幅のバランスが良く、長さも十分でスラリとした印象を受ける脇指です。

鉄は潤いを感じる良い鉄で鍛えもよく詰んで綺麗です。刃文は素直で焼幅がある中直刃ですから、本刀には誠に似合う刃文になります。小沸出来で刃中は明るく冴えています。帽子もはっきりしていますし、茎も生ぶで悪い朽ち込み無く、鑢目と銘は最高の保存状態にあります。どこから見ても健全な兼高の良脇指です。

このまま何も手を掛けること無くお楽しみいただけます。

全てのVISAカード、Masterカード、NICOSカード、UFJカード、DCカード、
がご利用頂けます。ボーナス一括払い。1~24回まで分割払いも可能。

ご注文はこちらから
注文する(日本語) ORDER (English)
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。
掲載されている商品は店舗でご覧いただけます。ご来店の前にお電話にてご確認ください。
電話・メール・WEBで問い合わせる銀座店のご案内はこちら

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




刀の新着一覧はこちら刀・太刀の一覧はこちら
新着商品ピックアップ
新着商品をもっと見る

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する株式会社 銀座 誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀販売 株式会社 銀座 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示