日本刀の販売

トップページ » 日本刀販売 刀剣販売 刀販売 » 短刀 » 寸延短刀 奥大和守平朝臣元平 (TA-070117)
薩摩新々刀の双璧、奥大和守平朝臣元平の特徴と高度な技量が顕現に示された地刃共に健全で姿豪壮な、正に元平の傑作刀と称讃したい出色の出来映えの拵付き優刀です。

寸延短刀 奥大和守平朝臣元平 八十歳 文政六年未秋 特別保存刀剣鑑定書

Tantou [Oku Yamatonokami Taira Ason Motohira] [N.B.T.H.K]Tokuubetu hozon Token


寸延短刀 奥大和守平朝臣元平 八十歳 文政六年未秋 特別保存刀剣鑑定書

価格 (price)1,900,000円(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:TA-070117

鑑定書:Paper(Certificate): 特別保存刀剣鑑定書

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai): 薩摩国・鹿児島県(Satuma) 文政六年未秋(Edo era 1823年)

刃長:Blade length(Cutting edge): 30.9cm(一尺一寸二分) 反り:Curve(SORI): 1.5cm
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.08cm 元鎬重:Thickness at the Moto-Kasane: 0.75cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.75cm  先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.6cm
茎:Sword tang(Nakago): 生茎、勝手下鑢目。目釘穴一。

体配:Shape(Taihai): 平造、庵棟、身幅広い。
地鉄:Jitetsu(Hada): 地金は杢肌良く詰み地沸盛んに付き地景働く。
刃紋:Temper patterns(Hamon): 沸出来の大互の目乱刃紋。
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi): そのまま小丸に返る。
登録:Others: 東京都

【解説】奥大和守平朝臣元平:名はを奥孝左衛門といい、延享元年十月に奥元直の長男として生まれます。天明五年、三十八歳にして薩摩藩工となります。寛政元年十二月に大和守を受領し鍛刀に励みつつ、遠方から薩摩の元平を尋ね入門した多くの門弟にその技を伝授しました。元平は長命で文政九年七月十五日八十四才で没しました。老いて尚腕前は確かで亡くなる前年の八十三歳までの作品にも優れた刀を残されています。元平は伯耆守正幸と共に薩摩新々刀の双璧と言われ、薩摩新々刀屈指の名工です。
本作、30センチを超える刃長なので、登録上は脇差に分類されていますが、製作当時は短刀として造られた御刀で。寸が延びて身幅が広くドップリとして力強く、僅かに反りが利くなど、いかにも物切れしそうな一振です。
地鉄は杢目がよく錬れて地沸がつき地景入る薩摩相州伝の地鉄です。刃紋は大互の目乱れ刃紋で、匂い柔らかく深く、明るい沸がぶ厚く付く焼刃で、刃中には砂流しと、金線が踊るように働いており、「元平の釣針」と呼ばれる打ちのけや湯走りも現われ、お見事と言いたい覇気ある刃です。帽子はそのまま乱れながら小丸へ返ります。茎は生ぶで銘と年紀、それと八十歳と刻されています。保存状態は薩摩刀によく有りがちな朽ち込みが無く非常に良い保存状態です。茎尻には元平名物の隠し鏨が一本キッチリと入っています。本刀は欠点がなく、出来映えも特上な一振りであり自信を持ってお薦めできる逸品です。薩摩新々刀の双璧、奥大和守平朝臣元平の特徴と高度な技量が顕現に示された地刃共に健全で姿豪壮な、正に元平の傑作刀と称讃したい出色の出来映えの拵付き優刀です。

ご注文はこちらから
注文するorder
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




ご注文はこちらから
注文するorder

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する有限会社誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀・刀剣 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店「日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂」におまかせください