日本刀の販売

トップページ » 日本刀販売 刀剣販売 刀販売 » 刀・太刀 » 太刀 常州笠間正次 (KA-111811)
珍しい常州笠間住源正次の太刀で、茨城県を郷土とする御客様には、バッチリ御奨めの郷土刀です。

太刀 常州笠間住人保坂武八郎源正次 応 木村之良好鍛之 日本刀剣保存会鑑定書

katana [Mino Senjyuin Hounotou] [N.T.H.K] Nihon Token Hozon Kai


太刀 常州笠間住人保坂武八郎源正次 応 木村之良好鍛之 日本刀剣保存会鑑定書

価格 (price)御成約/sold out(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:KA-111811

鑑定書:Peper(Certificate): 日本刀剣保存会鑑定書

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai):常陸国笠間(Hitati/Kasama) 慶応頃(Edo era 1864年頃)

刃長:Blade length(Cutting edge): 70.6cm(二尺三寸四分) 反り:Curve(SORI): 2.8cm
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba): 2.6cm 元鎬重:Thickness at the Moto-Kasane: 1.0cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.0cm  先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.7cm
茎:Sword tang(Nakago): 生ぶ茎、化粧大筋違鑢目、目釘穴一。

体配:Shape(Taihai): 鎬造、庵棟、小切先。
彫物:Engraving: 裏に棒樋を掻き流す。
地鉄:Jitetsu(Hada):小板目肌流れて、地沸つく。
刃紋:Temper patterns(Hamon): 中直刃刃紋。
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi): 直ぐに小丸へ返る。
登録:Others: 茨城県登録

【解説】常州笠間住人保坂武八郎源正次は、江戸時代の慶応頃に活躍した、常陸国の刀工です。常州笠間住人保坂武八郎源正次、常州笠間住源正次、笠間藩保城武八郎源正次、などと刻銘します。常州、常陸国は東海道の最遠、関東地方の東北端に位置する地域で、現在の茨城県が、そこにあたります。尚、笠間とは、茨城県の中部に位置する市で、古くから日本三大稲荷に数えられる笠間稲荷神社の門前町として、また笠間城の城下町として栄えたところです。笠間藩(八万石)は、牧野氏の城下。この地域での、鍛刀は少なく、本作の常州笠間住源正次の刀は、非常に貴重な文化資料となります。茨城県城里町では、正次の刀を町指定有形文化財に指定し保管されております。
http://www.town.shirosato.lg.jp/index.php?code=46
本刀、体配は、古刀を写した太刀姿でありながら、重ね厚い鎧通しを思わせる、特異な姿を呈した一振りです。地鉄は、小板目肌が詰んで流れ、地沸ついて地景現れます。刃紋は、中直刃を焼いていて、刃縁には砂流しと金銭が幾重にも絡み、しきりに働きます。この様は誠に見事であり、見る人を魅了してくれます。また、これらの連続した働きは、帽子にまで至り、帽子先、金線の働きをもって掃き掛け小丸へと返る様子は、全く感心させられるほどの出来栄えです。茎は生ぶ。表裏に長銘で、常州笠間住人保坂武八郎源正次 応 木村之良好鍛之と刻銘が切られています。刀身に彫られた棒樋が御刀をキリッと引き締めており、美しい御刀です。作品は、珍しい常州笠間住源正次の太刀で、茨城県を郷土とする御客様には、バッチリ御奨めの郷土刀です。白鞘

ご注文はこちらから
注文するorder
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




ご注文はこちらから
注文するorder

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する有限会社誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀・刀剣 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店「日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂」におまかせください