日本刀の販売

幕末争乱の期、会津藩と運命を共に戦った刀工の作です。

刀 陸奥藤原兼友作 慶応三年二月日  貴重刀剣

katana [Aizu-Kanetomo] NBTHK Kityou-Touken


刀 陸奥藤原兼友作 慶応三年二月日  貴重刀剣

価格 (price)御成約/sold out(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:KA-098132

鑑定書:   財団法人 日本美術刀剣保存協会 貴重刀剣

国・時代: 福島県(会津) 慶応三年 1867年

刃長:65.9㎝(二尺一寸七分五厘) 反り:1.8cm 元幅:3.13cm 元鎬重:0.72cm
先幅:2.2cm 先鎬重:0.52cm
茎:生ぶ、化粧大筋違い鑢目、目釘孔三

体配:  中切先、鎬造、庵棟。
地鉄:  小板目肌、よく詰む。
刃紋:  小沸出来の互の目乱。
帽子:  直ぐとなり、小丸に返る。
登録:  兵庫県 昭和53年

【解説】当作の会津兼友は慶応年紀とあるので、元禄から明治まで八代続いた兼友各代では末の作ということになります。幕末期に悲劇的な運命を辿った会津藩、戊申戦争では一ケ月にもおよぶ会津城籠戦をしのぎ、兼友、長道、道辰らは弾丸の製造に尽力、十一代会津兼定は城外に打って出たとも伝えられています。一藩総力戦ともなった戦いは、白虎隊はじめ多くの悲劇を今に伝え、敗れた会津藩士やその家族は本州最北端下北に移り、その後多くは北海道へと移住したと伝えられています。兼友は兼定に似た美濃伝の沸が少ない直刃か互の目乱れを焼きました。幕末争乱の期、会津藩と運命を共に戦った刀工の作です。刀身は元巾広く、先幅も尋常に保っており姿が美しく、長さは最も戦闘に適した寸法となっており、小板目肌がよく詰んだ地肌に匂い足が深く入る互の目乱刃紋を上手に焼いています。刃縁細やかな小沸が誠に美しい立派な御刀です。特価で販売します。日本美術刀剣保存協会 貴重刀剣 銀無垢一重はばき。白鞘入。
 

全てのVISAカード、Masterカード、NICOSカード、UFJカード、DCカード、
がご利用頂けます。ボーナス一括払い。1~24回まで分割払いも可能。

ご注文はこちらから
注文するorder
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




ご注文はこちらから
注文するorder

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する有限会社誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀・刀剣 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店「日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂」におまかせください