English Page

日本刀の販売

メニュー
トップページ » 日本刀販売 刀剣販売 刀販売 » 刀・太刀 » 刀 天田昭次 人間国宝 (KA-090618)
天田昭次、重要無形文化財保持者(人間国宝)傑出の一振りです。

刀 天田昭次作之 平成二年弥生吉日 重要無形文化財保持者(人間国宝)特別保存刀剣 附 共箱

Katana [Amata Akitsugu] [N.B.T.H.K]Tokubetsu Hozon Token, Important intangible cultural property holder


刀 天田昭次作之 平成二年弥生吉日 重要無形文化財保持者(人間国宝)特別保存刀剣 附 共箱

品番:KA-090618
価格 (price)4,500,000円(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

鑑定書:Paper(Certificate): 人間国宝(重要無形文化財保持者)特別保存刀剣。

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai): 新潟県(Nigata) 平成2年(Heisei era 1990)

刃長:Blade length(Cutting edge): 73.4cm(二尺四寸二分)反り:Curve(SORI): 1.9cm
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.40cm 元鎬重:Thickness at the Moto-Kasane: 0.77cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.82cm  先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.64cm 
茎:Sword tang(Nakago): 生ぶ、勝手下がり鑢目。目釘穴1個。

体配:Shape(Taihai): 鎬造、庵棟、中切っ先。
彫物:Engraving: 表裏に棒樋を掻き流す。
地鉄:Jitetsu(Hada): 板目肌。
刃文:Temper patterns(Hamon): 互の目乱。
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi): 乱れて小丸へ返る。
登録:Others: 新潟県

【解説】本品は、現代刀匠の最高位である重要無形文化財保持者(人間国宝)天田昭次刀匠の作品です。
天田昭次(天田誠一)は昭和2年8月4日、刀工「天田貞吉」の長男として、現在の新潟県新発田市に生まれました。9歳で父を亡くした昭次は昭和15年、13歳で上京し、日本刀鍛錬伝習所に入門します。同29年に文化財保護委員会より作刀認可されると、翌年の第一回作刀技術発表会に於いて優秀賞を受賞しました。若くして頭角を表した昭次は、名刀展に於いて3度正宗賞を栄誉(昭和52年,60年,平成8年)に輝き、1990年(平成2年)には全日本刀匠会理事長に就任します。1997年(平成9年)には、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。平成11年、勲四等旭日小綬賞を受賞。
天田昭次は永年にわたり自家製鉄を行い、玉鋼の研究、鍛錬法を工夫し、山城伝、相州伝、備前伝といった様々な作風を会得しました。2013年(平成25年)6月26日、85歳で亡くなるまで数多くの名作を残しました。本作は1990年(平成2年)の作品で、ちょうど昭次が全日本刀匠会理事長に就任した年に鍛刀された作品です。地鉄は板目肌が練れて詰んだ精美な鍛えに地沸微塵に厚くつき、刃文は互の目が華やかな乱れる刃を焼いており、地刃共に明るく冴えるなど、人間国宝、天田昭次刀匠の技量を余すところなく示した傑出の一振りです。※共箱付、白鞘、特別保存刀剣。金着せ二重はばき

ご注文はこちらから
注文する(日本語) ORDER (English)
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。
掲載されている商品は店舗でご覧いただけます。ご来店の前にお電話にてご確認ください。
電話・メール・WEBで問い合わせる銀座店のご案内はこちら

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




刀の新着一覧はこちら刀・太刀の一覧はこちら
新着商品ピックアップ
新着商品をもっと見る

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する株式会社 銀座 誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀販売 株式会社 銀座 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示