日本刀の販売

本刀は、今後の出世極めが楽しみな御刀で、時代の雅味豊かであり、生ぶ茎、俊次在銘といった点から大変貴重な逸品です

刀 俊次 保存刀剣鑑定書  附 太刀拵

katana [Toshitugu] [N.B.T.H.K] Hozon Touken


刀  俊次  保存刀剣鑑定書   附 太刀拵

価格 (price)売約済/sold out(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:KA-080313

鑑定書:Paper(Certificate): 保存刀剣鑑定書

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai): 国不明(Bizen/Sousyu) 室町時代(Muromachi era)

刃長:Blade length(Cutting edge): 73cm(二尺四寸一分)  反り:Curve(SORI): 2.3cm
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba):3.15cm  元鎬重:Thickness at the Moto-Kasane: 0.78cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.3cm  先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.5cm
拵全長:Length of Koshirae : 約 110cm 茎:Sword tang(Nakago): 生茎、切鑢目。目釘穴:(Mekugiana):2個

体配:Shape(Taihai): 中切先、鎬造り、庵棟。
彫物:Engraving: 表裏に二本樋を彫る。
地鉄:Jitetsu(Hada): 板目肌、淡く映る。
刃紋:Temper patterns(Hamon): 互の目刃紋。
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi): そのまま小丸へ返る。
登録:Registration Card: 岩手県 昭和26年

【解説】俊次は、名鑑によると相州島田辺りに、享禄頃、永禄頃とそれぞれいて、備前には古備前の俊次が正慶頃に、歴応頃には備州長船住俊次と刻す俊次が、歴応頃、応安頃、には備州長船俊次の刻銘を見る俊次が存在します。また、備中の古青江には家次の子の俊次が建暦頃に、次いで古青江の俊次が弘長にいます。延文頃の青江俊次は、備中国俊次作と長銘を彫ります。本作の俊次は、いずれのものかが判断できません。ただ作風と茎の姿を拝すに、備前あたりの俊次ではないかと思われるものです。
体配は、刃長が二尺四寸ほど、身幅は元先確り、重ね尋常。反りが利いた室町時代の太刀姿を呈し、二筋の樋が刻し刀身を引き締める、誠に健全で姿が美しい御刀です。地鉄は、板目肌がよく詰んで斑が無い上手な鍛の地鉄で、鎬寄りに淡く映りが見られます。刃紋は、小互の目乱れ刃が連なる感じで、匂口明るく、刃縁は小沸が綺麗について冴えます。刃中は、足入り、特に刃縁に細かく金線が絡む働きは繊細であり楽しめます。帽子はそのまま小丸へと返っています。茎は生ぶで、錆味、刻銘ともに文句なしの保存状態です。俊次の刻銘は立派です。本刀は、今後の出世極めが楽しみになる御刀だと思います。時代の雅味豊かであり、生ぶ茎、俊次在銘といった点から大変貴重な逸品です。尚、写真の通り大変立派な太刀拵が附しています。飾り栄えがする豪華な拵です。太刀拵、白鞘、金着せ一重太刀はばき。保存刀剣鑑定書。

ご注文はこちらから
注文する(日本語) ORDER (English)
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。
掲載されている商品は店舗でご覧いただけます。ご来店の前にお電話にてご確認ください。
電話・メール・WEBで問い合わせる銀座店のご案内はこちら

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




刀の新着一覧はこちら刀・太刀の一覧はこちら
新着日本刀ピックアップ
新着商品をもっと見る

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する株式会社 銀座 誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀販売 株式会社 銀座 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂におまかせください