日本刀の販売

トップページ » 日本刀販売 刀剣販売 刀販売 » 刀・太刀 » 刀 同田貫宗廣 明治元年 (KA-040514)
肥後同田貫一派の末尾を飾る良工、同田貫宗廣の円熟期の作で、本作は新々刀同田貫の代表作品。

刀 肥後同田貫宗廣 明治元年十月日 黒呂塗鞘打刀拵 保存刀剣鑑定書

Katana [Higo Doutanuki Munehiro][N.B.T.H.K] Hozon touken


刀 肥後同田貫宗廣 明治元年十月日 黒呂塗鞘打刀拵 保存刀剣鑑定書

価格 (price)御成約/sold out(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:KA-040514

鑑定書:Peper(Certificate): 保存刀剣鑑定書

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai): 明治元年(meiji era  1868年)

刃長:Blade length(Cutting edge): 70.3cm(二尺三寸一分) 反り:Curve(SORI): 1.5cm
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.17cm  元鎬重:Thickness at the Moto-Kasane: 0.8cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.4cm  先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.6cm 
茎:Sword tang(Nakago): 茎生ぶ、勝手下鑢目。目釘穴一  拵全長:Length of Koshirae : 約100cm

体配:Shape(Taihai): 鎬造、庵棟、中切っ先。
地鉄:Jitetsu(Hada): 杢目肌詰んで地沸付く
刃紋:Temper patterns(Hamon): 互の目に丁子乱。
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi): 乱れて小丸に返る。
登録:Others: 福岡県 昭和26年

【解説】肥後同田貫、久々の登場となります。同田貫は九州肥後国菊池の同田貫(地名)を本拠地に、永禄頃から活躍した肥後刀工の一群で延寿派の末流と伝えられています。本刀の肥後同田貫宗廣は、肥後同田貫一派の末尾を飾る良工で本名は小山太郎と云います。彼は同田貫有宗、肥後細川家の六千石重臣とともに江戸の水心子正秀に学びました。刻銘は、肥後同田貫宗廣、肥後同田貫宗廣作、肥後同田貫上野介拾代嫡孫延寿太郎宗廣作、肥後同田貫小山延寿太郎藤原宗廣作、肥後同田貫延寿宗廣、小山延寿太郎藤原宗廣などと切ります。肥後同田貫宗廣の作品は天保元年から明治4年までが現存します。
新々刀期の同田貫は、身幅広く重ね尋常。切先伸び心で反りが適当で、鍛えは小板目か杢目肌、主に備前伝の丁子乱れ刃を焼きます。この御刀も掟通りの作品ですが、通常に見る粗雑な雰囲気の同田貫とは一味違った出来栄えを示しておます。姿、地金が整い刃紋華やかに冴えた正に同田貫宗廣の円熟期の本作は、新々刀同田貫の代表作になること間違えない一振りです。
胴田貫の由来は、田んぼに死体を横たえて胴を切ると、胴を貫(ぬ)けて下の田んぼまで切り裂く、から来ており、次のように、①旧幕臣にして直心影流の継承者である榊原鍵吉が、明治天皇の御前で同田貫の刀を用いて明珍作の兜を割ったという逸話。②劇画『子連れ狼』の主人公拝一刀の愛刀が同田貫「胴太貫」。③『新・子連れ狼』では、一刀の愛刀も東郷重位の愛刀も同田貫。④破れ傘刀舟悪人狩りでは、長崎で医術を学んだ蘭学医・叶刀舟(時代劇の主人公)の愛刀が同田貫。⑤三匹が斬る!においても、主人公の一人千石こと久慈慎之介の愛刀が同田貫でした。正宗、村正、同田貫と、何かとなじみが深い御刀で大変人気があります。
体配は、身幅は元先が確りとして、重ね尋常。反り加減も頃合い。いかにも切れそうで、姿美しい御刀です。地鉄は詰んだ杢目肌に、地沸が付く強そうな鉄です。刃紋は匂出来の互の目丁子刃紋で小さな飛焼きを交えます、匂口は冴えて明るく小沸が刃紋の特に谷に厚く付きます。刃中には葉が入り、砂流し金線等働いており覇気があります。帽子はそのまま乱れて小丸へと返ります。茎は生ぶ銘は確りとしています。白鞘、附 黒呂塗鞘打刀拵、保存刀剣鑑定書

ご注文はこちらから
注文するorder
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




ご注文はこちらから
注文するorder

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する有限会社誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀・刀剣 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店「日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂」におまかせください