日本刀の販売

トップページ » 日本刀販売 刀剣販売 刀販売 » 刀・太刀 » 刀 銘 若州住冬廣作 (KA-030512)
二尺四寸に迫る長さたっぷり、身幅も広くドップリとした御刀で。豪壮この上ない姿を呈した新刀若州冬廣の代表作と考えてよい優刀です。

刀 銘 若州住冬廣作 保存刀剣鑑定書

Katana [Jyakusyu-jyu Fuyuhiro-saku][N.B.T.H.K]Hozon Token


刀 銘 若州住冬廣作 保存刀剣鑑定書

価格 (price)御成約/sold out(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:KA-030512

鑑定書:Peper(Certificate): 保存刀剣鑑定書

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai):若狭国(Wakasa/Fukui) 江戸時代・貞享~元禄頃(Edo era 1684年頃)

刃長:Blade length(Cutting edge): 72.4cm(2尺3寸9分)反り:Curve(SORI): 1.9cm
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.6cm 元鎬重:Thickness at the Moto-Kasane: 0.78cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2,8cm  先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.65cm 
茎:Sword tang(Nakago): 茎生ぶ、化粧筋違鑢目。目釘穴一。

体配:Shape(Taihai): 鎬造、庵棟、大切っ先。
地鉄:Jitetsu(Hada):板目肌 、地沸つく。
刃紋:Temper patterns(Hamon): 互の目乱。
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi): 直となり大丸に返る。
登録:Others: 広島県

【解説】冬廣の代極めは難しいものの、刀剣保存協会で新刀期の冬廣と鑑定された刀です。初代冬廣は相州二代廣次の子と伝えられています。寛正頃(1460年頃)相模国から若狭国(若州小浜)に移住した冬廣家は、室町時代後期に始まり、相州伝に備前伝を採り入れ、時の需要に応じた刀を製作し、江戸期まで代々続く若狭の名門です。新刀期になりますと、冬廣家は他国に移住し、因州鳥取、芸州、雲州、若狭小浜住、紀州住、讃州、備前国住、と様々な切銘を見るようになります、その中で、若州住冬廣を刻銘する刀匠は、二名であり、三郎兵衛、勘兵衛冬廣弟で元禄頃の人、残るは毛利家に仕えていた貞享頃の人となり、本作は若州住冬廣作ですから、いづれかの冬廣ということになります。若狭国(若州小浜)は、北陸道に位置する、現在の福井県南部、嶺南と呼ばれている地域を指します。
本作、体配は、二尺四寸に迫る長さたっぷりの御刀で、身幅もこれでもかと云わんばかりにドップリとして、豪壮この上ない姿を呈した一振りです、切っ先が大切っ先になっているあたりも覇気があり、大迫力を求めるコレクターに是非ともお薦めしたい逸品となります。地鉄は、板目肌が流れて地沸がつきます。刃紋は、匂い口締まる互の目乱れ刃紋で、表裏がよく揃う面白いパターンを繰り返す刃です。刃中には葉の他、細かい働きが現れ楽しめます。帽子は直ぐで先火炎状となり大丸へ確り返ります。茎は生ぶ。化粧鑢がきっちりとして、銘ぶりは力強く立派です。本刀は堂々とした姿が魅力であり、新刀若州冬廣の代表作と考えてよい優刀です。白鞘、金着せ一重はばき。保存刀剣鑑定書
 

ご注文はこちらから
注文するorder
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




ご注文はこちらから
注文するorder

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する有限会社誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀・刀剣 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店「日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂」におまかせください