日本刀の販売

トップページ » 日本刀販売 刀剣販売 刀販売 » 刀・太刀 » 刀 重要刀剣 法城寺橘正弘(KA-010143)
法城寺橘正弘、第五十回重要刀剣指定品で、出来が良く初代正弘の典型的な作柄を示した名刀です。

刀 重要刀剣 近江守法城寺橘正弘(初代)

katana [Oumino-kami Houjyouji Tatibana Masahiro] [N.B.T.H.K] Jyuyou Token


刀  重要刀剣 近江守法城寺橘正弘(初代)

価格 (price)売約済/sold out(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:KA-010143

鑑定書:Peper(Certificate): 第五十回 重要刀剣指定

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai): 武蔵国(Musashi) 寛文頃(Edo era 1661年)

刃長:Blade length(Cutting edge): 76.85cm(二尺五寸四分) 反り:Curve(SORI): 1.0cm
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba): 2.9cm   先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.0cm 
茎:Sword tang(Nakago): 生茎、化粧勝手下がり鑢目。目釘穴一。

体配:Shape(Taihai): 鎬造、庵棟、中切っ先。
地鉄:Jitetsu(Hada): 板目肌に杢目肌交じり地沸つく。
刃紋:Temper patterns(Hamon): 直刃基調に小互の目交える刃紋。
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi): 直ぐで大丸風、深く返る。
                   

【解説】法城寺橘正弘は、性を滝川と称し、通説に本国は但馬といい、後に江戸に移住して一門大いに繁栄した。正弘には同名が二代あり、ともに近江守を受領し初代は承応・万治・寛文の年紀があり、二代には延宝・元禄の年紀があることから、両者の活躍期はほぼ明らかである。初・二代の銘の区別は、一般に初代銘がコツコツとやや荒い感じがするのに対して、二代は穏やかで、また、守と寺の二字と、城の成の字の銘彫りに相違があるところは見どころである。この刀は上記の如く、銘振りから初代正弘の作と鑑せられる。直刃を基調に小互の目が連れ、互の目が交じり、小足・互の目足は頻りに入り、匂深で、小沸がよくつき、細かに金筋・砂流しがかかるなど、正弘の典型的な作柄を示している。常々の同作に比して焼に高低が見られて変化があり、また焼頭に処々小さな湯走り状を交えた様にも興趣が感じられる。匂口の明るい一口で出来が良く、肉置きが豊かで、地刃ともに健体である。
なお本刀は寛文新刀然とした体配を呈しているが、とりわけ、やや長寸で、元先の幅差が一際目立ち、反りが一段と浅く中切先の詰まっている点に加えて、鎬が低いところなども、法城寺正弘の造込みの特徴が窺がえる。(重要刀剣図譜より。)

全てのVISAカード、Masterカード、NICOSカード、UFJカード、DCカード、
がご利用頂けます。ボーナス一括払い。1~24回まで分割払いも可能。

ご注文はこちらから
注文する(日本語) ORDER (English)
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。
掲載されている商品は店舗でご覧いただけます。ご来店の前にお電話にてご確認ください。
電話・メール・WEBで問い合わせる銀座店のご案内はこちら

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




刀の新着一覧はこちら刀・太刀の一覧はこちら
新着日本刀ピックアップ
新着商品をもっと見る

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する株式会社 銀座 誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀販売 株式会社 銀座 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂におまかせください