日本刀の販売

トップページ » 日本刀販売 刀剣販売 刀販売 » 刀・太刀 » 刀 長船横山祐包 (KA-098127)
見事な菊花丁子を焼いた祐包の作風を十分に示した一振りです。

刀 備州長船横山祐包 明治年中作 拵付 特別貴重刀剣鑑定書

Katana [Bisyu Osafune Yokoyama Sukekane] NBTHK Hozon Touken


刀 備州長船横山祐包 明治年中作 拵付 特別貴重刀剣鑑定書

価格 (price)御成約/sold out(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:KA-098127

鑑定書:Peper(Certificate): 財団法人 日本美術刀剣保存協会 特別貴重刀剣鑑定書

Country(Kuni)・時代 Era(Jidai)岡山県(Okayama)  幕末~明治(Edo~Meiji era)

刃長:Blade length(Cutting edge): 69.5cm(二尺三寸) 反り:Curve(SORI): 1.1cm 
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.1cm 元鎬重:Thickness at the Moto-Kasane: 0.67cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.15cm 先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.5cm 
刀身重量(裸身):Weight only of blade: 638g
茎:Sword tang(Nakago): 勝手下り鑢目、目釘孔一.

体配:Shape(Taihai): 中切先、鎬造、庵棟。
地鉄:Jitetsu(Hada): 小板目肌。
刃紋:Temper patterns(Hamon): 菊花丁子。匂い口締まり小沸つく。
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi): 一枚風になる。
登録:Others: 東京都 平成8年

【解説】備州長船横山祐包は、祐定の十三代目で友成五十八代孫にあたる人で、天保五年頃から明治五年頃までの作が残されています。幕末備前鍛冶の代表者です。本作は、小板目肌が詰んだ精美な地鉄に見事な菊花丁子を焼いた祐包の作風を十分に示した一振りです。?匂い本位の菊花丁子で直ぐで焼きだし、よく乱れます。小沸もよくつき明るく冴えます。鋩子は焼きが高く一枚風になり小丸へ返ります。刃中には足、刃、金線が盛んに入り覇気があります。生ぶ茎で地刃共に健全な祐包を代表する優作です。付属する拵は、鞘に痛みがあるものの、鉄地金具の味わいもよく、刀身を収めると見栄えします。長さ常寸でありバランスが良いために、すぐに使える居合刀としても御奨めしたい御品です。委託品のため特価でご案内中です。

全てのVISAカード、Masterカード、NICOSカード、UFJカード、DCカード、
がご利用頂けます。ボーナス一括払い。1~24回まで分割払いも可能。

ご注文はこちらから
注文するorder
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




ご注文はこちらから
注文するorder

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する有限会社誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀・刀剣 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店「日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂」におまかせください