日本刀の販売

トップページ » 日本刀販売 刀剣販売 刀販売 » 脇差 » 脇差 (刻印ナニハ)大慶直胤 (WA-090117)
愛刀家なら一度は手にしたい直胤ナニハ打の名脇差です。

脇差 (刻印ナニハ)大慶直胤 (花押) 天保八年仲秋 特別保存刀剣鑑定書

Wakizashi [Taikei Naotane] (Saijyousaku) NBTHK Tokubetu Hozon Touken


脇差 (刻印ナニハ)大慶直胤 (花押)  天保八年仲秋  特別保存刀剣鑑定書

価格 (price)御成約/sold out(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:WA-090117

鑑定書:Paper(Certificate): 日本美術刀剣保存協会  特別保存刀剣

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai):武蔵国(Musashi、ナニハ打)天保八年(Edo era 1837年)

刃長:Blade length(Cutting edge): 51.8cm(一尺五寸弱) 反り:Curve(SORI): 反り:0.9cm
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba): 2.92cm 元鎬重:Thickness at the Moto-Kasane: 0.7cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.5cm 先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.57cm
茎:Sword tang(Nakago): 生ぶ、化粧筋違い鑢目、目釘穴一。

体配:Shape(Taihai): 鵜の首造、
地鉄:Jitetsu(Hada): 板目肌。
刃紋:Temper patterns(Hamon): 互の目乱れ刃。
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi): 乱れて先小丸に返る。
登録:Others: 千葉 昭和26年2月(大名登録)

【解説】大慶直胤は本名を荘司蓑兵衛、安永七年、羽前山形に生まれました。水心子正秀の門に入り、初期は涛乱乱れに始まり、丁字乱れの備前伝、柾目肌の大和伝、尖り刃を交えた美濃伝、大乱れの相州伝、中直刃の山城伝を焼き、器用な直胤は五箇伝の伝法全てに通じ、特に備前伝、相州伝に於いて傑出した作を多く遺し、その技量は新々刀期の刀工中随一と言われています。後に秋元家お抱えとなり、文政四年には筑前大掾を受領し、嘉永元年には美濃介を受領しました。彼は各地を巡って鍛刀しており、作刀に鍛刀地の地名を刻印するものが多く、判明しているものだけで十六ヶ所を数えています。この脇差は、ナニハ刻印が示すように大坂に於いて作刀したものです。
本刀は鵜の首造の脇差で、尋常な身幅と重ねを保ち姿美しく健全な体配を有しています。地鉄は板目が練れて地沸付いて地景が現れます。刃紋は匂い口明るく冴え小沸付く互の目が大きく乱れる刃で、更に飛び焼きを交えるという覇気がある刃です。刃中には、足、葉入り、長い金線が地に絡むように走り働きも誠に見事であります。帽子はそのまま乱れて先尖り小丸へ深く確りと返ります。名工の腕前をタップリと楽しめる出来栄えとなります。鑑定は特別保存刀剣鑑定書。愛刀家なら一度は手にしたい直胤。貴殿の指料にお薦めします。金着せ一重はばき。白鞘。

ご注文はこちらから
注文するorder
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




ご注文はこちらから
注文するorder

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する有限会社誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀・刀剣 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店「日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂」におまかせください