English Page

日本刀の販売

メニュー
トップページ » 日本刀販売 刀剣販売 刀販売 » 脇差 » 脇差 銘 山城守秀辰 (WA-080513)
業物に位列する山城守秀辰の出来が良い脇差です。

脇差 銘 山城守秀辰 業物 日本刀剣保存会鑑定書

Wakizashi [Yamashirono Kami Hidetoki] [N.T.H.K] Hozon hozonkai


脇差 銘  山城守秀辰  業物  日本刀剣保存会鑑定書

価格 (price)売約済/sold out(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:WA-080513

鑑定書:Paper(Certificate): 日本刀剣保存会鑑定書、保存刀剣合格保証。

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai): 摂津国(Settu/Osaka) 江戸初期・寛文頃(Edo era 1661年頃)

刃長:Blade length(Cutting edge): 51.5.cm(一尺六寸九分)  反り:Curve(SORI): 0.8cm
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba):3.14cm  元鎬重:Thickness at the Moto-Kasane: 0.68cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.45cm  先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.55cm
茎:Sword tang(Nakago): 僅かに区送る。鷹羽鑢目。目釘穴:(Mekugiana):2個

体配:Shape(Taihai): 中切先、鎬造り、庵棟。
地鉄:Jigane(Hada): 板目練れて杢目交じり、地沸つく。
Temper patterns(Hamon): 中直刃湾れて小沸よくつく。ほつれある。
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi): 湾れ込み小丸へ返る。
登録:Registration Card: 東京都

【解説】初代秀辰の本国は美濃で、権兵衛秀辰と称し、江戸、尾張でも作刀しました。得印派の刀匠であり兼常の門人であったと伝えられています。刻銘は、関住山城守藤原秀辰。二代の秀辰は清重の子で、生国は美濃、はじめ善右衛門と称しましたが、後に初代を次ぎ権兵衛と改名します。刻銘は、山城守秀辰、常陸守秀辰、大阪より江戸に移り鍛刀しました。切れ味に定評があり業物に列します。本作の秀辰は刻銘から二代の作品であることが判ります。
作品体配は、刃長が一尺六寸九分、身幅広く、重ねは尋常。反りやや浅めに利いた、寛文新刀姿が色濃い一振りです。地鉄は、板目肌が詰んで杢目肌交じる鍛肌で、地沸がつきます。刃文は、中直刃が湾れる刃で小沸がよくつきます。帽子は、そのまま湾れ込んで小丸へ返ります。茎は生ぶで銘が深く立派に刻されています。研ぎが古くなっていますが、さっと上研ぎを掛けるだけで見違える御刀になる脇差です。現存する秀辰の作品は決して多くはなく、その資料性は高く、本刀は誠に貴重であると思います。白鞘、日本刀剣保存会鑑定書

ご注文はこちらから
注文する(日本語) ORDER (English)
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。
掲載されている商品は店舗でご覧いただけます。ご来店の前にお電話にてご確認ください。
電話・メール・WEBで問い合わせる銀座店のご案内はこちら

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




刀の新着一覧はこちら刀・太刀の一覧はこちら
新着日本刀ピックアップ
新着商品をもっと見る

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する株式会社 銀座 誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀販売 株式会社 銀座 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂におまかせください