日本刀の販売

トップページ » 日本刀販売 刀剣販売 刀販売 » 刀・太刀 » 太刀 備州長船守政 (KA-121213)
第43回重要刀剣に指定された備州長船守政の太刀です。

太刀 備州長船守政 重要刀剣指定品

Tachi [Bisyu Osafune Morimasa][N.B.T.H.K] Jyuyou touken


太刀 備州長船守政  重要刀剣指定品

価格 (price)御成約/sold out(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:KA-121213

鑑定書:Peper(Certificate): 日本美術刀剣保存協会 第43回重要刀剣指定品

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai):備前国(Bizen/Okayama) 南北朝・建武(nanbokucyo Kenmu 1334年頃)

刃長:Blade length(Cutting edge): 69.1cm(二尺二寸八分)  反り:Curve(SORI): 1.9cm
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.0cm  元重:Thickness at the Moto-Kasane: 0.75cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.5cm  先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.55cm
茎:Sword tang(Nakago): 磨上、鑢目筋違、備州長船守政銘あり。目釘孔三中二埋。

体配:Shape(Taihai): 中切先、鎬造、庵棟、姿良し。  
地鉄:Jitetsu(Hada): 板目に杢交じり、地沸つき、乱れ映り立つ。地鉄精良。
刃紋:Temper patterns(Hamon): 中直刃、僅かに小湾れ交じる。
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi): 乱れ込み小丸へ返る。
登録:Others: 東京都

【重要刀剣図譜より】この太刀は身幅がやや広く、反りが深めにつき、中鋒に結んだ姿態を呈しており、鍛えは板目に杢を交えて乱れ映りが立ち、刃紋は中直刃に小湾れが交じり、小足、葉入り、匂口が締まりごころに小沸がつき、帽子は浅く湾たれ込み小丸に返るなどの作柄を見せている。上記の姿と地刃の出来口から、銘鑑にいう建武頃の守政に該当するものと思われる。景光、兼光といった正系とは異なる長船傍系の刀工と鑑せられ、資料的にも貴重であり、優れた出来映えをあらわしている。加えて地刃共に健全である点も好ましい。〔解説〕以上、図譜の解説の通りです。この時期にして傷欠点が無く、姿痩せず、健全な体配を残し、また何よりもフルネーム在銘の備前刀は、重要刀剣といえども多くは無いものです。ですから本刀は大変貴重な備前の南北朝期在銘太刀ということになります。お見逃し無い様にお願いします。白鞘。金着せ二重はばき。

ご注文はこちらから
注文するorder
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




ご注文はこちらから
注文するorder

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する有限会社誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀・刀剣 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店「日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂」におまかせください