日本刀の販売

トップページ » 日本刀販売 刀剣販売 刀販売 » 刀・太刀 » 刀 正吉作 森岡正吉 (KA-110213)
本刀は、帝室技芸員の宮本包則と月山貞一に学んだ元帥刀刀匠、森岡正吉の傑出した出来栄えを示した同作中の優品です。

刀 正吉作 森岡正吉 附 陸軍拵 保存刀剣鑑定書

Katana [Morioka Masayoshi][N.B.T.H.K] Hozon Touken


刀 正吉作 森岡正吉 附 陸軍拵 保存刀剣鑑定書

価格 (price)売約済/sold out(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:KA-110213

鑑定書:Peper(Certificate): 保存刀剣鑑定書

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai): 東京都(Tokyo)大正頃(Taisyou era 1912年頃)

刃長:Blade length(Cutting edge): 68.5cm(二尺二寸六分)反り:Curve(SORI): 1.8cm
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba): 2.92cm 元鎬重:Thickness at the Moto-Kasane: 0.72cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.15cm  先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.47cm 
拵全長:Length of Koshirae : 約 101.5cm 茎:Sword tang(Nakago): 生ぶ、化粧筋違鑢目、目釘孔二。

体配:Shape(Taihai): 鎬造、庵棟、中切っ先。
彫物:Engraving: 表裏に棒樋を掻き流す。
地鉄:Jitetsu(Hada): 板目肌練れて、地沸厚くつく。
刃紋:Temper patterns(Hamon): 互の目丁子乱れ刃紋。
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi): 直で小丸に返る。
登録:Others: 岡山県 昭和28年

【解説】この刀の作者である正吉は、本名を森岡正吉といい、南海太郎朝尊の孫で土佐の生まれ。帝室技芸員(人間国宝)宮本包則、及び、同じく帝室技芸員(人間国宝)の月山貞一に師事します。大正9年2月3日、惜しくも46歳という若さで没しています。子に森岡正孝、弟子に笠間一貫斉繁継らがいます。作品は、本刀もそうですが姿の優しい作品が多く、刃紋は匂い深い直刃基調のもの、匂い深の逆丁子刃などを焼きます。また、森岡正吉は、月山貞勝、笠間繁継、堀井俊秀とともに元帥刀作刀を下命されるという、当時の刀匠として最高の栄誉をえました。森岡正吉は明治から大正を代表する刀匠です。早世の為に現存する作品が少なく、本刀は大変貴重な御刀です。
本作は体配は、刃長が二尺二寸六分。姿が優しい、いかにも森岡正吉の作品らしいらしい綺麗な御刀です。地鉄は、板目肌が詰んで地沸が厚く付きます。刃紋は、匂深の互の目丁子が乱れた刃紋を焼いています。刃中は備前刀を意識したかの如く繊細で華麗な働きを見せています。帽子は直となって小丸へ返ります。茎の仕立ては流石に丁寧であり名工ぶりを伺い知ることが出来ます。附の軍装拵は、鞘が軽量なアルミ製で珍しいものです。陸軍の高い位の軍人さんが御持ちになられた一刀と思います。陸軍拵、白鞘、銀着せ一重はばき。保存刀剣鑑定書。

ご注文はこちらから
注文する(日本語) ORDER (English)
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。
掲載されている商品は店舗でご覧いただけます。ご来店の前にお電話にてご確認ください。
電話・メール・WEBで問い合わせる銀座店のご案内はこちら

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




刀の新着一覧はこちら刀・太刀の一覧はこちら
新着日本刀ピックアップ
新着商品をもっと見る

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する株式会社 銀座 誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀販売 株式会社 銀座 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂におまかせください