日本刀の販売

トップページ » 日本刀販売 刀剣販売 刀販売 » 刀・太刀 » 刀 銘 一堂子正重 (KA-100511)
刀 銘 一堂子正重、同銘の現存作少なく希少な作品であり、出来が独創的で、ちょっと探しても見つからない、化けそうな刀です。

刀 銘 一堂子正重 保存刀剣鑑定書

Katana [Ichidoushi Masashige][N.B.T.H.K] Tokubetu Hozon Token


刀 銘 一堂子正重 保存刀剣鑑定書

価格 特価(price)御成約/sold out(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:KA-100511

鑑定書:Peper(Certificate): 日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai): () 江戸時代(Edo era)

刃長:Blade length(Cutting edge):68.8cm(二尺二寸七分)反り:Curve(SORI): 1.2cm
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.33cm 元鎬重:Thickness at the Moto-Kasane: 0.7cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.5cm  先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.55cm 
茎:Sword tang(Nakago): 茎生ぶ、勝手下がり鑢目。目釘穴一。

体配:Shape(Taihai): 鎬造、庵棟、中切っ先。
地鉄:Jitetsu(Hada): 板目肌よく現れて、地沸つく。
刃紋:Temper patterns(Hamon): 丁子乱刃紋。
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi): 直となり小丸に返る。
登録:Others: 佐賀県

【解説】一堂子正重は、江戸時代、新々刀期の刀匠です。この正重は、水心子辺りの門人、あるいは、伊勢村正の門人であった千子正重に由縁ある刀匠と思われる人で、作刀数は多くなく、現存する作品は本当に稀であるため、資料的に考えても大変貴重な作品と云え、今後の研究解明が待たれる御刀です。
本刀体配は、二尺二寸七分ほどの常寸をやや詰めた刃長で、身幅は元先確りとして、重ねは尋常。誠に健全な御刀です。地金は、板目肌鍛がよく現れて地沸ついた冴えた強い鉄です。刃紋は丁子刃紋の変形といえば簡単ですが、まるで菊の花が刀身一面に、咲き乱れたような華麗な刃形で、鞘から刀を抜いたとたんに、回りから人が集まる感が有る、かなり独創的で面白みがある刃紋になります。匂口が締まり、小沸がつく明るい刃で、足よく入り働きも盛んです。帽子は直ぐとなって小丸へと返ります。茎は生ぶ。錆味がよく、銘ぶりも達筆であり、立派な茎です。作者の作品に対する自信の程が伝わってきます。作品は生ぶく、平成14年に佐賀県で発見され、新規登録された御刀です。研ぎは古いですが、鑑賞の妨げになる錆は無く、このまま貴公のコレクションに加えていただけます。しかし、これだけ派手で立派な御刀のことです。一研ぎ掛けるのも楽しみかと思います。ちょっと探しても見つからない、化けそうな刀です。白鞘、銀無垢一重はばき。日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書

ご注文はこちらから
注文するorder
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




ご注文はこちらから
注文するorder

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する有限会社誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀・刀剣 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店「日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂」におまかせください