日本刀の販売


刀 江府住左行秀鍛之 弘化丁未秋 土州安岡良澄佩刀 附 拵 第32回重要刀剣

Katana [Efu-jyu Sano Yukihide] [N.B.T.H.K] Jyuyo Token


刀 江府住左行秀鍛之 弘化丁未秋 土州安岡良澄佩刀 附 拵 第32回重要刀剣

価格 (price)御問い合わせ下さい(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:KA-090318

鑑定書:Paper(Certificate): 第32回重要刀剣鑑定書

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai): 武蔵国,東京都(Musashi) 江戸時代 弘化4年(Edo era 1847)

刃長:Blade length(Cutting edge): 76.15cm(二尺五寸一分) 反り:Curve(SORI): 1.4c m
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.12cm 元鎬重:Thickness at the Moto-Kasane: 0.90cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.24cm  先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.71cm
拵全長:Length of Koshirae : 約109cm  茎:Sword tang(Nakago): 生ぶ、化粧筋違鑢目。 目釘穴1個。

体配:Shape(Taihai): 鎬造、庵棟、中切っ先。
地鉄:Jitetsu(Hada):
刃紋:Temper patterns(Hamon):
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi):
登録:Registration Card: 東京都

【解説】左行秀は、伊藤又兵衛盛重の嫡子として文化十年筑前国上座郡朝倉星丸の里に生まれた。そして自ら筑前左文字三十九代目を以て任じ、彼の作刀にそれを刻銘したものがある。天保初年出府し、細川正義門人清水久義に鍛刀の技を学び、弘化三年、行秀三十四歳の時土佐藩工関田真平勝広の勧めにより土佐に下った。万延元年の終りから文久二年の初め頃、彼は再び江戸に上り、深川砂村の土佐藩邸に居所を構えて作刀し、安政二年十月土佐藩工となったが、慶応三年五月板垣退助との不和が元で、同年夏土佐に帰り、この時より「東虎」と銘している。彼の作刀は明治三年で終り、晩年は明治二十年七十五歳で歿没するまで、嫡子幾馬と横浜で暮らした。この刀は、身幅がやや狭く、元先の幅差がつき、中鋒があまり延びていない姿をしており、通常の行秀の作とはやや造込みを異にしているが、直刃調に浅くのたれた刃を焼き、沸・匂が深く、金筋・砂流しがかかるなどは正に同工の典型で あり、加えて地刃の冴えは見事で、同作中の優品である。なお、彼の地鉄には、本刀の如く総柾目の鍛えが稀に見られる。白鞘、拵、金着二重はばき、第32回重要刀剣鑑定書。

ご注文はこちらから
注文する(日本語) ORDER (English)
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。
掲載されている商品は店舗でご覧いただけます。ご来店の前にお電話にてご確認ください。
電話・メール・WEBで問い合わせる銀座店のご案内はこちら

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




刀の新着一覧はこちら刀・太刀の一覧はこちら
新着日本刀ピックアップ
新着商品をもっと見る

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する株式会社 銀座 誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀販売 株式会社 銀座 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂におまかせください