日本刀の販売

トップページ » 日本刀販売 刀剣販売 刀販売 » 刀・太刀 » 刀 備州長船祐定作 (KA-061812)
備州長船祐定、天文十一年八月日の年紀が入った御刀です。地刃共に末備前の典型的作風を示した古刀ファンには魅力有る一振りです。

刀 備州長船祐定作 天文十一年八月日 日本刀剣保存会鑑定書

Katana [Bisyu Osafune Sukesada](Wazamono)[N.T.H.K] Nihon Token Hozonkai


刀 備州長船祐定作 天文十一年八月日 日本刀剣保存会鑑定書

価格 (price)御成約/sold out(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:KA-061812

鑑定書:Peper(Certificate): 日本刀剣保存会 ・保存刀剣合格も保証します。

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai): 備前国(Bizen) 天文十一年(Tenbun era 1542年)

刃長:Blade length(Cutting edge): 72.8cm(二尺三寸)反り:Curve(SORI): 2.4cm
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba): 2.92cm 元鎬重:Thickness at the Moto-Kasane: 0.70cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.15cm  先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.45cm 
茎:Sword tang(Nakago): 浅い勝手下鑢目。

体配:Shape(Taihai): 鎬造、庵棟、中切っ先。
彫物:Engraving: 表裏に棒樋を彫る。
地鉄:Jitetsu(Hada): 板目肌、地沸つく。
刃紋:Temper patterns(Hamon): 直基調に小互の目入る。
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi): 直で小丸に返る。
登録:Others: 群馬県 昭和26年3月31日

【解説】備州長船祐定、天文十一年八月日の年紀が入った御刀です。室町時代後期の備前長船刀工を総称して末備前と称します。長船鍛冶の中でも祐定の一派は特に名を高めて後代まで長きに渡り繁栄しました。銘鑑によれば銘文に俗名を冠している永正の与三左衛門尉、源兵衛尉、彦兵衛尉らを筆頭として二十数人挙げられています。末備前の作風は多岐にわたり腰の開いた互の目乱れから直刃に至るまで様々であり稀に皆焼の作も見られます。本作は、経年による研減こそ見られますが常寸を保ち、何よりも生ぶ茎という御品で表裏に樋が入り手持ちもよく、古刀ファンには魅力有る御刀であると思います。地刃共に末備前の典型的作風を示した作品です。

ご注文はこちらから
注文するorder
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




ご注文はこちらから
注文するorder

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する有限会社誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀・刀剣 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店「日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂」におまかせください