日本刀の販売

トップページ » 日本刀販売 刀剣販売 刀販売 » 刀・太刀 » 刀 銘 賀州住兼若 二代 又助 (KA-061111)
賀州住兼若を持っていると、嫁がもらえるらしいです?

刀 銘 賀州住兼若 二代 又助 (新刀上作)(業物)特別保存刀剣認定書

katana [Kasyujyu Kanewaka](Ⅱgenerations)(Wazamono)[N.B.T.H.K] Tokubetu Hozon Token


刀 銘 賀州住兼若 二代 又助 (新刀上作)(業物)特別保存刀剣認定書

価格 大特価(price)御成約/sold out(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:KA-061111

鑑定書:Peper(Certificate): 財団法人 日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai): 加賀国 (Kasyu Kanazawa) 江戸時代初期、明暦頃(Edo era 1655年頃)

刃長:Blade length(Cutting edge): 70.8cm(二尺三寸三分六厘) 反り:Curve(SORI): 1.7cm
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.34cm  元鎬重:Thickness at the Moto-Kasane: 0.7cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.5cm  先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.5cm 
茎:Sword tang(Nakago): 茎生ぶ、筋違い鑢目。目釘穴一。

体配:Shape(Taihai): 中切先、鎬造、庵棟。
彫物:Engraving: 表裏に棒樋の彫刻。
地鉄:Jitetsu(Hada): 板目肌、地沸つく
刃紋:Temper patterns(Hamon): 尖り互の目を交えた互の目乱れ。
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi): 直ぐで先小丸に返る。
登録:Others: 埼玉県 昭和49年

【解説】賀州住兼若と言えば、当時の 加州では「たとえ禄が低くとも”兼若”を持つ者には嫁にやる」と言われるほどの誉れ高き名工です。武用に適した刀であったことが窺い知れます。加賀前田家の武士達は多少の無理をしてでも兼若の刀をこぞって入手しようとしたに違いありません。よい物は今も昔も変わらないものです。前田家には多くの鍛冶が抱えられていましたが、兼若はその中で最も腕前が良い刀匠であり、初代から数代にわたり名作を残しています。現存する初代兼若では、慶長十四年の年紀のあるものが最古で、元和五年まで同銘を見ます。その後初代は元和七年に「高平」に改名した為、この高平銘のものが多く、兼若銘は稀です。よって現存の「賀州住兼若」銘の多くは二代以降のものということになるわけです。
さて、ここにご紹介します御刀は一番人気の二代の作です。彼の名は辻村又助、初代兼若の三男であり、二代兼若を継ぎました。先代に次ぐ名手として名高く、その作柄はシッカリした寛文新刀姿に沸本位の箱がかった湾乱れ得意とし、初代より焼き幅広く乱れに高低があり、華やかな作品が多いとされています。本作もその通りの造りで、二代兼若の特徴が豊かに現された御刀になります。貴方もこの御刀を買い運気をもらって、美人の新しい嫁をもらいましょう。はばき上に、写真の通りの棟鍛が有ります。二度と出ないであろう大特価でご案内します。探しても見つからないのが二代兼若又助の刀です。白鞘、金着せ一重重はばき。特別保存刀剣鑑定書。
 

ご注文はこちらから
注文するorder
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




ご注文はこちらから
注文するorder

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する有限会社誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀・刀剣 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店「日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂」におまかせください