日本刀の販売

南北朝期に備前国宇甘で作刀していた(鵜飼派=宇甘派)雲重の、特徴が顕著に示された楽しめる御刀です。

刀 伝 雲重  備前宇甘雲重 日本刀剣保存会鑑定書

Katana (Unjyu) [N.T.H.K] Nihon Token Hozon Kai


刀 伝 雲重  備前宇甘雲重   日本刀剣保存会鑑定書

価格 (price)売約済/sold out(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:KA-041011

鑑定書:Paper(Certificate): 日本刀剣保存会鑑定書

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai): 備前国(Bizen) 南北朝期・貞治頃(Nanbokucyo 1362年)

刃長:Blade length(Cutting edge): 69.4cm(二尺二寸九分一厘) 反り:Curve(SORI): 1.2cm
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.05cm 元鎬重:Thickness at the Moto-Kasane: 0.65cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.4cm 先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.52cm
茎:Sword tang(Nakago): 大磨り上、切り鑢目、目釘孔4

体配:Shape(Taihai): 鎬造 庵棟、姿良い。
地鉄:Jitetsu(Hada): 板目肌詰む。地沸付いて映り立つ。
刃紋:Temper patterns(Hamon): 中直刃基調にほつれ小互の目乱れ入る。
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi): 直ぐで先掃きかけ小丸へ返る。
登録:Others: 長野県

【解説】鎌倉時代から、南北朝期にかけて備前国宇甘で作刀していた刀工群、雲生、雲次、雲重は、雲の字を冠することから、雲類と呼ばれ、これらの祖は山城国から備前へ移住して来たため、同国各派に比べ全く異なった京風の趣を強く示す作域の御刀を残します。雲重は雲生の孫にあたる人です。形状は、時代を反映した優しい太刀姿の刀から、やや猪首切先で肉置よく蛤刃を思わせ迫力ある豪壮な姿の刀まであり、一概に姿の特徴の説明は出来ません。刃紋は直刃仕立てで、小乱れ交じり逆さ掛かった足入り、二重刃あり、刃縁締まり、匂い本位で沸細かくついて冴えるのが特徴です。本作は、南北朝中期の雲重(うんじゅう)と極められた刀で、雲類の研究資料としても御奨めの作品です。
刀身の体配は、三寸ほどの磨り上げによって無銘となり、現在の姿となった刀で、身幅、先幅は痩せず、肉置きも豊かでズッシリとして今だ姿は豪壮。しっかりと健全さを保つ刀姿になります。地鉄は、板目肌に杢目肌が交じり詰んで、細かい地景入り、地沸付いた黒みがある鉄で、淡く乱れ映りが立っています。刃紋は、中直刃を基調として、小互の目乱れに足、葉が入り、砂流、金筋も盛んに働きます。足は逆さ掛かる感があります。帽子は直ぐで先掃きかけるようにして、小丸へと返ります。白鞘、金着せ一重はばき。地刃ともに変化が豊富で、見所も多く、経年による鍛僅かにあらわれるものの、じっくりと楽しめる御刀です。

全てのVISAカード、Masterカード、NICOSカード、UFJカード、DCカード、
がご利用頂けます。ボーナス一括払い。1~24回まで分割払いも可能。

ご注文はこちらから
注文する(日本語) ORDER (English)
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。
掲載されている商品は店舗でご覧いただけます。ご来店の前にお電話にてご確認ください。
電話・メール・WEBで問い合わせる銀座店のご案内はこちら

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




刀の新着一覧はこちら刀・太刀の一覧はこちら
新着日本刀ピックアップ
新着商品をもっと見る

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する株式会社 銀座 誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀販売 株式会社 銀座 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂におまかせください