English Page

日本刀の販売

メニュー
トップページ » 日本刀販売 刀剣販売 刀販売 » 刀・太刀 » 刀 金象嵌銘 来国俊(KA-030523)
本刀、古来より名高い来国俊の秀抜の一口。同工の特色がよく顕現され、特に焼刃は同工と同時期の諸刀工にみられる古作らしい小模様の変化が誠に惹き付けられる見所となります。

刀 金象嵌銘 来国俊 光遜(花押) 特別保存刀剣鑑定書 古刀最上作 大業物 本阿弥光遜 鞘書

Katana [Rai-Kunitoshi][N.B.T.H.K]Tokubetsu Hozon Token


刀 金象嵌銘 来国俊 光遜(花押) 特別保存刀剣鑑定書 古刀最上作 大業物 本阿弥光遜 鞘書

品番:KA-030523
価格 (price)7,000,000円(JPY)(price)5,500,000円(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

鑑定書:Paper(Certificate): 特別保存刀剣鑑定書

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai): 山城国,京都府(Yamashiro)・鎌倉時代後期 正安頃(Late Kamakura period 1299~)

刃長:Blade length(Cutting edge): 73.7cm(二尺四寸三分) 反り:Curve(SORI): 1.6cm
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba): 2.85cm 元鎬重:Thickness at the Moto-Kasane: 0.76cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.10cm  先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.55cm
茎:Sword tang(Nakago): 勝手下鑢目、目釘孔2個。

体配:Shape(Taihai): 鎬造、庵棟、小切先。
地鉄:Jigane(Hada): 板目肌に地沸付き、映り立つ。
刃文:Temper patterns(Hamon): 直調に小互の目、小丁子、尖り刃交じる。
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi): 小さく乱れて先小丸へ返る。
登録:Registration Card: 福岡県

【解説】
京都は、延暦十三年(794)の平安京の遷都以降、日本における政治・経済・文化の中心であり、当時の最先端技術が生まれ、集まり、数多くの名工を輩出した地でありました。同地では平安後期より三条派、五条派、鎌倉初期から粟田口派などの刀工一派が存在しました。山城国の刀工一派の中でも、鎌倉中期より粟田口派とは作風を異とした「来」を冠する一門が現れます。国行を事実上の祖として本作 国俊は国行の子として伝わり、孫太郎と称します。来国俊の作品については、二字国俊と来国俊の三字銘があり、両名を同人、別人とするかは、室町後期より議論の的で、現在でも定説には至っていません。二字国俊の作風は、父国行を思わせる豪壮な太刀姿に、猪首切っ先、華やかな丁子を主体とした刃文となります。また来国俊については二字国俊と比して細身で、小切っ先、直刃もしくは、直調で小模様に互の目が混じる優美で穏和な印象を抱かせる作風となります。以上のような作風の相違点があり、また「二字国俊の作品の多くが太刀で、現在まで伝わっている短刀が一振であった一方で、三字銘の国俊は短刀が比較的多くみられる点」などから両者の別人説が論じられています。同工の作品には、徳川美術館所蔵の「来国俊/正和二二年十月廿三日□□歳七十五(1315)」と年紀が刻された重要文化財が現存しています。また国立博物館所蔵の太刀「国俊/弘安元年十二月日(1278)」があり、先述の三字銘国俊から生年を仁治元年頃(1240)と推定すると、弘安年紀の太刀は三十八歳頃の作品に相当します。同一刀工の経年の変化などから刀工銘や作風に相違が生じたものと考えるならば、国俊が長命であった点も含めて同人説も肯定されます。同一派の祖である国行をはじめ、嫡流である国俊、国光、国次は皆、最上作に位列されて高名であり、その中でも同工の作品は国宝、重要文化財及び重要美術品に指定多数であり、熱田神宮が所有する国宝「熱田の来国俊」や、豊臣家・徳川家伝来の「愛染国俊」など、古来より同工の作品に魅せられた者多く、刃味優れて大業物にも列せられて、現在まで広く知られる名工であります。
本作体配は、刃長が二尺四寸三分。大磨上げながら身幅確りとし、元先幅差つき、重ね尋常で鎬筋が凛と立ち、反りよく利いて、小切っ先となる来派らしい古雅な刀姿です。地鉄は板目肌良く詰んで、地沸つき、良く練れた肌が全体に表れ、沸映りが立つ、精美な鍛えとなります。刃文は総体小模様で、直調に尖り刃、小互の目、小丁子を交えて、細かな変化に富んだ焼刃が横手まで続き、匂口には小沸が付き、柔らかに明るくよく冴えます。刃縁には処々ほつれを交えて、足・葉入り、働き盛んであります。帽子は小さく乱れて先小丸へ返ります。茎には本阿弥光遜による金象嵌が残されます。本刀、古来より名高い来国俊の秀抜の一口。同工の特色がよく顕現され、特に焼刃は同工と同時期の諸刀工にみられる、古作らしい小模様の変化が誠に惹き付けられる見所となります。白鞘、金着二重はばき、特別保存刀剣鑑定書。

ご注文はこちらから
注文する(日本語) ORDER (English)
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。
掲載されている商品は店舗でご覧いただけます。ご来店の前にお電話にてご確認ください。
電話・メール・WEBで問い合わせる銀座店のご案内はこちら

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




刀の新着一覧はこちら刀・太刀の一覧はこちら
商品ピックアップ
日本刀新着商品
新着商品をもっと見る

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する株式会社 銀座 誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀販売 株式会社 銀座誠友堂
〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示