日本刀の販売

トップページ » 日本刀販売 刀剣販売 刀販売 » 刀・太刀 » 刀 和泉守藤原國貞 重要刀剣 (KA-020218)
親国貞の代作をした二代国貞(井上真改)の技能を如何なく発揮した、重要刀剣指定品、拵付の優良なる一振

刀 和泉守藤原國貞 和泉守二代(真改国貞)大業物 附 打刀拵 第二十五回重要刀剣

Katana [Izumino-kami Fujiwara Kunisada](Ouwazamono) [N.B.T.H.K] Jyuyo Touken


刀  和泉守藤原國貞 和泉守二代(真改国貞)大業物 附 打刀拵  第二十五回重要刀剣

価格 (price)御問い合わせ(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:KA-020218

鑑定書:Paper(Certificate): 昭和五十二年十一月一日指定  第二十五回重要刀剣

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai): 摂津国(Settsu) 江戸時代・寛永頃(Edo era 1624年頃)

刃長:Blade length(Cutting edge): 71cm(二尺三寸四分三厘) 反り:Curve(SORI): 2.1cm
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.15cm 元鎬重:Thickness at the Moto-Kasane: 0.7cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.45cm  先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.5cm
拵全長:Length of Koshirae : 約 102cm  茎:Sword tang(Nakago): 生ぶ、先栗尻、鑢目大筋違、目釘孔一、

体配:Shape(Taihai): 鎬造、庵棟、大切っ先。
地鉄:Jitetsu(Hada): 板目肌。
刃紋:Temper patterns(Hamon): 小沸出来の湾れに互の目交じる刃紋。
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi): 直ぐに小丸。
登録:Others: 東京都

【解説】初代国貞は天正十八年に日向国飫肥の真宗の家に生まれました。上京し堀川国広の門となり修行を積み、慶長十九年の国廣没を機に大坂に出て独立、元和九年九月十五日三十四歳の時に和泉守を受領します。寛永中ごろには飫肥藩五万四千石伊藤家三代藩主祐久より知行百石を与えられ、それ以来終生家士として仕えました。同じ堀川国広門にあった初代河内守国助と共に華やかな大阪新刀の礎を築いた名工中の名工です。国貞の子(後の井上真改)が同銘を継いだ為に、区別の意味で俗に親国貞と称されています。本作は鏨と上の出来から推察するに、二代の真改と思われる作で、地刃の出来口が親国貞とは変様している点が見所になる逸品です。
【重要刀剣図譜より】法量 長さ七一cm 反り二・一cm 元幅三・○cm 先幅二・○五cm 鋒長さ三・三cm 茎長さ一九・六cm 茎反りなし 形状 鎬造、庵棟、反りやや深く、中鋒。鍛 小板目肌よくつみ、地沸つく。刃文 直ぐに焼出して、上はのたれに互の目、尖りごころの刃など交じり、足・葉入り、小沸つき、匂口は沈みごころとなる。帽子 直ぐに小丸。茎生ぶ、先栗尻、鑢目大筋違、目釘孔一、指表、棟寄りに七字銘がある。 説明 初代国貞は堀川国広の末弟で、実際上の指導は初代国助と共に越後守国儔にうけたと思われ、のち摂津に移住し、大阪新刀の開拓者となった。和泉守の受領は元和九年で、慶安五年、六十三歳で没した。この刀は彼の晩年作で、 慶安年間の作とみられ、地・刃の出来がすぐれている。

ご注文はこちらから
注文するorder
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。
掲載されている商品は店舗でご覧いただけます。ご来店の前にお電話にてご確認ください。

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




ご注文はこちらから
注文するorder

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する株式会社 銀座 誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀・刀剣 銀座 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂におまかせください