English Page

日本刀の販売

メニュー
トップページ » 日本刀販売 刀剣販売 刀販売 » 脇差 » 脇差 国包小太刀 (WA-081211)
御家の御守刀としてはいかがでしょうか。よくまとまった優品。

脇差 山城大掾藤原国包 小太刀拵付

wakizashi [Yamashiro Daijyou Fujiwara Kunikane]


脇差 山城大掾藤原国包 小太刀拵付

品番:WA-081211
価格 (price)売約済/sold out(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

特価品

国・時代:   江戸時代

刃長:47.6cm(一尺五寸七分一厘) 反り:1.06cm 元幅:2.7cm 元鎬重:0.65cm
先幅:2.1cm 先鎬重:0.5cm 拵全長:約73.5cm 
茎:生ぶ、筋違鑢目、目釘孔一

体配:中切先、鎬造、庵棟棟、姿良し。
地鉄:柾目肌。
直刃、小沸つく。
帽子:焼詰風。
登録:岩手県 平成26年

【解説】山城大掾藤原国包は保昌貞末の末流と云われ、伊達政宗の命により上京し越中守正俊の門人となりました。寛永四年に山城大掾を受領します。山城大掾藤原国包、奥州仙台住山城大掾藤原国包、用恵国包(寛永十五年入道後)、などと銘を切ります。新刀大業物。作風は本作のごとく柾目肌の鍛え地に直刃を焼いたもので、小沸出来となり砂流し、金線が絡むものです。この御刀は現在未鑑定ですが雰囲気が一致した一振りです。白鞘は新調されており気持ちがよいです。さて拵にまいります。どちらかと言うとこの御刀の価値は拵にあると察します。なんと美しい小太刀拵でしょうか。本金ラメを厚く鞘に塗って漆で押さえ込んだ鞘は見ていて黄金のようです。鞘の金具は、縁頭、小尻、鍔、栗形に至るまですっきりまとまった赤銅一作物です。縁には密教の輪宝(法輪)と巴家紋を金で高彫象嵌。同じ巴紋を金で頭にも配しています。目貫は赤銅の三日月。小柄は素銅にコウモリを赤銅で象嵌、高肉彫にて同じくコウモリを、更に三日月を銀象嵌と洒落た作がついています。笄の部分には赤銅に春日大明神と彫った御札のようなものがはめ込まれております。はばきは巴家紋金着一重。かなり凝った拵です。信心深い御方の持ち物であったのでしょう。拝見していると有難い気持ちになってきます。御家の御守刀としてはいかがでしょうか。よくまとまった優品であり、是非ともお奨めしたい一振りです。

全てのVISAカード、Masterカード、NICOSカード、UFJカード、DCカード、
がご利用頂けます。ボーナス一括払い。1~24回まで分割払いも可能。

ご注文はこちらから
注文する(日本語) ORDER (English)
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。
掲載されている商品は店舗でご覧いただけます。ご来店の前にお電話にてご確認ください。
電話・メール・WEBで問い合わせる銀座店のご案内はこちら

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




刀の新着一覧はこちら刀・太刀の一覧はこちら
新着日本刀ピックアップ
新着商品をもっと見る

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する株式会社 銀座 誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀販売 株式会社 銀座 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示