English Page

日本刀の販売

メニュー
トップページ » 日本刀販売 刀剣販売 刀販売 » 脇差 » 脇差 越前守源信吉 (WA-08120)
越前守源信吉の高度な技量を余すところ無く発揮した優品。

脇差 菊紋 越前守源信吉 (業物) 鑑定倶楽部鑑定書

Wakizashi [Etizennokami Minamotono Nobuyosi] (Kikumon) wazamono


脇差 菊紋 越前守源信吉 (業物) 鑑定倶楽部鑑定書

品番:WA-08120
価格 (price)売約済/sold out(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

鑑定書: 美術刀剣法人 鑑定倶楽部鑑定書柴田光男氏、朝倉万幸氏、高橋歳夫氏等)

国・時代:  摂津国・江戸時代

刃長:51.1cm(一尺六寸八分五厘) 反り:1.7cm 元幅:3.35cm 元鎬重:0.8cm
先幅:2.5cm 先鎬重:0.58cm  
茎:生ぶ、鑢目化粧鑢、目釘孔一

体配:中切先、鎬造、庵棟。
地鉄:小板目肌詰み細かな地沸つく。
湾れに大互の目乱れ交じり。
帽子:先小丸に返る。
登録:東京都 昭和35年

【解説】
越前守信吉(二代)は、初代信濃守信吉の三男で、銘を「越前守源信吉」「入道源来信吉」「高井越前守源来信吉」などと切り、その作風は沸本位の互の目乱れを焼くが、井上真改に迫るような直刃の作もあり、晩年は大坂に移住して鍛刀している。
本作は、姿のみ見ても身巾広く、重ねがついて、刃区もバッチリと残る健全そのものなズッシリした御刀です。さらに小板目肌詰んだ鍛えに細かな地沸つき、刃文も湾れ刃に互の目を交じえ、直ぐで焼きだした刃が焼き高く乱れるなど豪快な作風となります。匂深く沸よくつき、砂流ししきりに掛り、くい違い刃を見せ、金線がしきりに掛かり、働きあります。匂口深く沸よくつき明るく冴え、帽子直ぐになって先小丸に返えります。本工の高度な技量を余すところ無く発揮した優品の一振りであり、添えられた鑑定書は、ご存知、柴田光男氏はじめ、多くの信用ある先生方が鑑定して印を押したもので、誠に信用ある証書であり、折り紙つきの一級品で相当な作であることに疑う余地は無く、先に出品した信吉の刀とともにお薦めの一振りであります。

全てのVISAカード、Masterカード、NICOSカード、UFJカード、DCカード、
がご利用頂けます。ボーナス一括払い。1~24回まで分割払いも可能。

ご注文はこちらから
注文する(日本語) ORDER (English)
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。
掲載されている商品は店舗でご覧いただけます。ご来店の前にお電話にてご確認ください。
電話・メール・WEBで問い合わせる銀座店のご案内はこちら

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




刀の新着一覧はこちら刀・太刀の一覧はこちら
新着商品ピックアップ
新着商品をもっと見る

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する株式会社 銀座 誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀販売 株式会社 銀座 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示