日本刀の販売

トップページ » » 鍔 無銘 明珍 八桔梗紋透鍔(TU-080915)

鍔 無銘 明珍 八桔梗紋透鍔 保存刀装具鑑定書

Tsuba [Myouchin Hachi-kikyou-mon sukashi Tsuba][N.B.T.H.K] Hozon Tousougu


鍔 無銘 明珍 八桔梗紋透鍔 保存刀装具鑑定書

価格 (price)130,000円(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:TU-080915

鑑定書:Paper(Certificate): 保存刀装具鑑定書

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai):江戸時代(Edo era)

八桔梗紋透鍔 八ツ木瓜形 鉄地 鋤下彫 陰透 丸耳
縦:Length: 7.21cm 横:Width: 6.91cm 切羽台厚:Thickness: 0.39cm 重量:Weight: 78g
桐箱入(In paulownia wood box)

[解説] 明珍家は元来甲冑工を本職とし、傍ら鍔の製作をした者で、それらの鍔を古甲冑師、甲冑師と呼称して在銘品は稀である。すなわち明珍派が主流で工人の数も、もっと多く、ついで早乙女、春田、蓬莱、岩井、馬面、長曽祢、根尾、左近士、紀州などの諸分派がある。江戸時代に入ると各地に移住し羽州、加賀、越前、駿河、土佐で繁栄をみる。越前明珍吉久は江戸時代の明珍中では優秀な技量の持ち主で、越前松平家の抱工として十代の間、同名が連綿として続いた家柄で、寛文四年に没した吉久を初代として、文久三年に没した吉久が十代目である。本作は、良く鍛錬された鉄地に桔梗紋を八箇所透し、鋤下彫としている。やや小振りな様相ながら引き締まった姿形に時代を感じ、江戸初期頃の越前明珍と思われる。

ご注文はこちらから
注文する(日本語) ORDER (English)
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。
掲載されている商品は店舗でご覧いただけます。ご来店の前にお電話にてご確認ください。
電話・メール・WEBで問い合わせる銀座店のご案内はこちら

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。



刀の新着一覧はこちら刀・太刀の一覧はこちら
新着日本刀ピックアップ
新着商品をもっと見る

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する株式会社 銀座 誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀販売 株式会社 銀座 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂におまかせください