日本刀の販売

トップページ » » 鍔 加賀象嵌 紗綾文 (TU-080713)
加賀象嵌鍔の名品です。 紗綾文図を金で平象嵌しています。

鍔 加賀象嵌 紗綾文図鍔 保存刀装具鑑定書

Tsuba [Kagazougan][N.B.T.H.K] Hozon Tousougu


鍔 加賀象嵌 紗綾文図鍔 保存刀装具鑑定書

価格 (price)380,000円(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:TU-080713

鑑定書:Paper(Certificate): 保存刀装具鑑定書

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai): 加賀国・江戸時代中期 (Edo era 1688年頃)

紗綾文図鍔 丸形、赤銅磨地、金平象嵌、金色絵耳、両櫃孔 
縦:Length: 7.95cm  横:Width: 7.95cm  切羽台厚:Thickness: 0.43cm   重量:Weight:162g
桐箱入(In paulownia wood box)

【解説】赤銅磨地に文様を金平象嵌で表わす手法は、古来より加賀象嵌と云われるものです。似た鍔工群では仙台の清定や尾張の金工にもこの様式が見られます。紗綾は絹織物の一種で平地に四枚綾で卍(まんじ)、稲妻、菱垣などの模様を浮き織りにしたもので江戸時代に流行。本作は大振りな一枚で、手にしてズッシリとくるあたりは、金の含有量が極めて多く、通常の赤銅ではないことが判ります。上質の赤銅地を磨地として、肉置き頃合いで紗綾を金象嵌に耳には一面金色絵が施されている。作柄も丁寧であることから上手の献上品であると思われ、時代も元禄を下らないものと鑑せられる優品です。象嵌の抜けもなく保存状態も良好。見ていて飽きることが無い加賀象嵌鍔の名作です。

ご注文はこちらから
注文する(日本語) ORDER (English)
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。
掲載されている商品は店舗でご覧いただけます。ご来店の前にお電話にてご確認ください。
電話・メール・WEBで問い合わせる銀座店のご案内はこちら

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。



刀の新着一覧はこちら刀・太刀の一覧はこちら
新着日本刀ピックアップ
新着商品をもっと見る

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する株式会社 銀座 誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀販売 株式会社 銀座 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂におまかせください