日本刀の販売

トップページ » » 後藤一乗 鍔 (TU-08071)
在銘で無傷無欠点 後藤一乗 鍔の名品

後藤一乗 雪花文鍔 赤銅・銀昼夜図 保存刀装具鑑定書

Tsuba [Gotou Itijyou] [N.B.T.H.K] Hozon Tousougu


後藤一乗 雪花文鍔 赤銅・銀昼夜図 保存刀装具鑑定書

価格 (price)御成約/sold out(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:TU-08071

鑑定書:   財団法人 日本美術刀剣保存協会 保存刀装具鑑定書

国・時代: 江戸・江戸時代(1791~1876)

雪花文鍔 障泥木爪形 赤銅 耳鋤出し 刻印打込 金象平嵌 両櫃孔
縦:7.28cm  横:6.78cm  厚:0.45cm 重量:97g
布団付き桑縁桐箱入

【解説】
在銘一乗 花押 表は赤銅地・裏に銀を合わせての鐔に、文様を打込むことで、「雪華文」が表現されている正真保証在銘鍔の名品です。表は赤銅で夜の雪を表現。裏には銀地で昼間の雪を表しています。雪の模様は現代の顕微鏡で見た雪紋のようにリアルです。薄れ掛けている雪は地面に落ちて消えかけている雪の様子に見せています。流石は後藤一乗の作です。一乗(1791~1876)は加納夏雄と並ぶ江戸金工の巨匠であり在銘品は滅多に出ません。本作は木瓜形につくられた鐔のかたちに雪華文を散らす美しい鍔です。本品の他にも利位の雪華図をモチーフにした鐔の作品がいくつか伝えられてはいますが、その多くは無銘品であり、この鍔がただモノでないことを証明しています。工芸品としての価値は言うまでも有りませんが、江戸の武家社会で雪華文が意匠として好んで使われたことを示す事例のひとつとして、本品の持つ資料的意味は大きと思います。保存刀装具鑑定書

ご注文はこちらから
注文する(日本語) ORDER (English)
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。
掲載されている商品は店舗でご覧いただけます。ご来店の前にお電話にてご確認ください。
電話・メール・WEBで問い合わせる銀座店のご案内はこちら

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




刀の新着一覧はこちら刀・太刀の一覧はこちら
新着日本刀ピックアップ
新着商品をもっと見る

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する株式会社 銀座 誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀販売 株式会社 銀座 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂におまかせください