日本刀の販売

トップページ » » 鍔 無銘 埋忠 角文透唐草図鍔(TU-010519)

鍔 無銘 埋忠 角文透唐草図鍔 特別保存刀装具鑑定書

Tsuba [Umetada Kakuhumi-sukashi Karakusa-zu Tsuba][N.B.T.H.K] Tokubetsu Hozon Tousougu


鍔 無銘 埋忠 角文透唐草図鍔 特別保存刀装具鑑定書

価格 (price)1,500,000円(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:TU-010519

鑑定書:Paper(Certificate): 特別保存刀装具鑑定書

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai):江戸時代初期(early Edo era)

角文透唐草図鍔 竪丸形 鉄地 陰透 金布目象嵌 銀平象嵌 土手耳

縦:Length: 8.14cm 横:Width: 7.74cm 切羽台厚:Thickness: 0.21cm 重量:Weight: 85g
桐箱入(In paulownia wood box)

【解説】埋忠と極められた鍔である。埋忠家は足利将軍家に仕えた名家で、桃山時代には刀や鍔の製作だけでなく、刀の磨上げや、刀に作者銘を象嵌したり、刀装の金具を製作するなど多方面にわたって活躍した。埋忠明寿は刀の作者としては新刀鍛冶の祖として仰がれ、また、金工としては平象嵌の技法を駆使することにより、鍔の装飾性を高め斬新な意匠を考案するなど、新機軸の開拓者として大いにその手腕を発揮した。一門には埋忠重義、寿斉などの名工が居る。重義は、彦次郎(寛永頃)と七左衛門(寛永-元禄)の二人が見られる。寿斉は明寿の孫と伝え、重長同人と旧来の文献に記している。埋忠系図による家系については、決定的な断定を下しえない部分もあり重長が晩年に入道して寿斉と号したものかもしれない。特に埋忠鎺と呼ばれて、金地二重鎺など肉置きや鑢の工作に優れた遺作が現存している。本作は堅丸形の鉄地に角紋を陰透として回りには唐草を金布目象嵌している。また耳は土手耳となり銀で平象嵌、地鉄も良く錬れ、斬新な図柄は埋忠明寿そのものである。尚、この作品と同じ物が明寿にあり、江戸初期の鑑定と共にうなずける一鍔である。

ご注文はこちらから
注文する(日本語) ORDER (English)
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。
掲載されている商品は店舗でご覧いただけます。ご来店の前にお電話にてご確認ください。
電話・メール・WEBで問い合わせる銀座店のご案内はこちら

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。



刀の新着一覧はこちら刀・太刀の一覧はこちら
新着日本刀ピックアップ
新着商品をもっと見る

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する株式会社 銀座 誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀販売 株式会社 銀座 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂におまかせください