日本刀の販売

トップページ » 拵・武具・甲冑 » 陣太刀拵 金梨子地葵紋散蒔絵鞘糸巻太刀拵 (KKO-090216)
本作の陣太刀拵は保存状態が極めて健全。重要指定された逸品であることから、徳川家伝来品であることが証明されている逸品です。

陣太刀拵 金梨子地葵紋散蒔絵鞘糸巻太刀拵 第59回重要刀装 徳川家伝来品

Koshirae [Kinnashiji Aoi-mon Itomakitachi-Koshirae][N.B.T.H.K]jyuyou Tousou


陣太刀拵 金梨子地葵紋散蒔絵鞘糸巻太刀拵 第59回重要刀装 徳川家伝来品

価格 (price)御成約/sold out(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:KKO-090216

鑑定書:Paper(Certificate): 重要刀装

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai): 江戸時代後期

拵全長:Length of Koshirae:約109cm

【解説】Additional Information:   糸巻太刀拵は近世における武家の兵杖・儀杖太刀拵の一つであり、また社寺奉納や贈答用太刀拵として上層武家において多く用いられた拵形式である。総金具は赤銅魚子地に金で家紋を散らし、鞘は多くは金梨地、稀に金沃懸地とし、多くは家紋を蒔絵や金金具で表している。柄及び渡巻には金襴を着せた上に糸巻にするところからこの種の太刀拵を糸巻太刀拵と呼称している。本作は、総金具が赤銅魚子地に葵紋を金色絵であらわし、目貫は葵紋三双図とし、鍔は刳込葵木瓜形、大切羽に葵紋を散らし金色絵金小縁を施している。鞘は金梨地に葵紋を散らし金を蒔絵し、渡巻と柄巻の巻き下は金襴包みである。葵紋を品良く散らし、金具から梨子地、蒔絵まで正統派の糸巻太刀拵であり、格式が高く、保存状態も頗る健全である。制作年代は江戸時代後期と鑑せられる一口である。(以上重要図譜より)このように江戸期に勝手に葵紋の作を造ることは許されるわけも無く、本品が徳川家伝来品であったことが証明されている逸品です。拵の全長も長く大振ですから飾っていただいても大変立派です。会社の応接室、会社のエントランスの置物にも御奨め品です。まさにミュージアムクラスのこの手の特級品は、一度お客様の下に収まると、なかなか一般に出回ることが有りません。是非とも、この機会をお見逃し無く御注文いただきたいと存じます。

ご注文はこちらから
注文するorder
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




ご注文はこちらから
注文するorder

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する有限会社誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀・刀剣 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店「日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂」におまかせください