日本刀の販売

トップページ » 日本刀販売 刀剣販売 刀販売 » 刀・太刀 » 太刀  無銘 藤島 (KA-051211)
無銘 藤島。室町時代初期の美しい太刀姿の御刀です。刃紋は冴えて刃中の働きは抜群です。

太刀  無銘 藤島 特別貴重刀剣刀剣 太刀姿の雅趣ある姿の一振。

Tachi [Fujishima] [N.B.T.H.K] Tokubetu Kityou Token


太刀  無銘 藤島 特別貴重刀剣刀剣 太刀姿の雅趣ある姿の一振。

価格 特価(price)御成約/sold out(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:KA-051211

鑑定書:Peper(Certificate): 日本刀剣保存協会 特別貴重刀剣剣

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai) : 加賀(Kaga)・室町初期 約六百年前 応永頃(Muromati era Ouei 1394年頃)

刃長:Blade length(Cutting edge): 72.7cm(二尺四寸) 反り:Curve(SORI): 3.3cm
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.05cm 元鎬重:Thickness at the Moto-Kasane: 0.67cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.2cm  先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.5cm
茎:Sword tang(Nakago): 生ぶ。勝手下鑢目。目釘穴二。

体配:Shape(Taihai): 鎬造 庵棟、健全。
地鉄:Jitetsu(Hada): 板目肌が現れて、地沸つく。
刃紋:Temper patterns(Hamon): 小沸出来の小互の目乱れ。
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi):直ぐ調子となり先小丸に返る。
登録:Others: 秋田県昭和37年

【解説】藤島とは、山城の来國俊の門人だった初代藤島友重を祖とする、鎌倉末から南北朝に加賀国に移り住み作刀した刀工一派です。越前国藤嶋を生国とする故に藤嶋と称すると伝えられています。現存する藤島は室町初期より見られ、室町後期頃は特に繁栄しました。作柄は、姿などに京風の雰囲気が垣間見られますが、地鉄に黒味があり、大和伝風のものも、備前、美濃伝にも見える作品があると云われています。
本作、姿は京反りで、身幅先幅はたっぷりとして、姿は健全です。地鉄は黒味掛かった鉄味で、大板目肌がよく現れており地沸がつきます。刃紋は小沸出来の小互の目乱れで、一部丁子刃になり、足長く入り、砂流し金線が頻りに掛かり見事な働きを見せています。帽子は直ぐ調子となり、先、金線交えて火炎掛かり、小丸へ返ります。茎は生ぶで、鑢目は勝手下がりです。目釘生ぶ穴(下の穴)の位置から考えると、やはり太刀の目釘穴となり、つまりは太刀として使用された古い時期の藤島ということを呈します。茎尻は加州刀らしい刃上がり深い栗尻です。白鞘、金着せ一重はばき。この刀は、京反りの雅趣ある姿の一振で、刃中も古刀らしく、巧妙な技を以って繊細な働きを見事に見せる姿美しい御刀です。

全てのVISAカード、Masterカード、NICOSカード、UFJカード、DCカード、
がご利用頂けます。ボーナス一括払い。1~24回まで分割払いも可能。

ご注文はこちらから
注文するorder
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




ご注文はこちらから
注文するorder

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する有限会社誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀・刀剣 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店「日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂」におまかせください