日本刀の販売

トップページ » 日本刀販売 刀剣販売 刀販売 » 刀・太刀 » 刀 宮口一貫斉 (KA-050413)
宮口一貫齋寿廣、宮口一貫齋恒寿、親子合作の力がこもった作品です。

刀 伊勢神宮御神宝剣以余鉄 東都住宮口一貫斉寿廣同恒廣謹作 昭和申午年仲秋吉日 應田中秀一氏需

katana [Miyaguchi Ikkansai Toshihiro]


刀 伊勢神宮御神宝剣以余鉄 東都住宮口一貫斉寿廣同恒廣謹作 昭和申午年仲秋吉日 應田中秀一氏需

価格 (price)売約済/sold out(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:KA-050413

鑑定書:Peper(Certificate): 現代現代刀匠につき未鑑定。保存刀剣合格保証します。

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai): 東京都(Tokyo) 昭和甲午年(Syouwa era 昭和29年/1954 年)

刃長:Blade length(Cutting edge): 68.7cm(二尺二寸五分五厘) 反り:Curve(SORI): 1.5cm
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.3cm 元鎬重:Thickness at the Moto-Kasane: 0.76cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.5cm 先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.65cm
茎:Sword tang(Nakago): 生茎、浅い勝手下がり鑢目。目釘穴:(Mekugiana):1個。

体配:Shape(Taihai): 鎬造、庵棟、中切っ先。
地鉄:Jitetsu(Hada): 小板目肌詰んで、地沸付く。
刃紋:Temper patterns(Hamon): 丁子乱れ刃紋。
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi): 直となって小丸へ返る。
登録:Others: 東京都 昭和32年

【解説】宮口一貫齋寿廣、宮口一貫齋恒寿、親子合作の力がこもった作品です。宮口一貫齋寿廣、本名は宮口繁。明治三十年 東京小石川林町に宮口一貫齋正寿の子として生まれます。父正寿の没後は笠間一貫斎繁継の門人となります。初銘は寿廣。大正五年八月より一貫齋寿廣と号します。昭和八年に靖国神社内日本刀鍛錬所の主任刀匠となり、荒木貞夫陸軍大臣より刀匠銘「靖廣」を授名します。昭和十一年には大倉鍛錬所に主任刀匠として移籍します。両所を通じて多くの刀工を指導した靖国刀匠を代表する名工です。昭和三十一年三月二十一日六十歳で亡くなります。昭和十六年新作日本刀展覧会に見る刀匠と位列では、第1部特別名譽席に列してます。一貫齋寿廣は、知る人ぞ知る現代刀匠界の祖となる高名な刀匠です。
本作体配は、刃長、二尺二寸六分五厘。身幅元先広く、重ねも厚く、やや浅く反る裁断性能を重視した質実剛健ぶりを示す御刀です。地鉄は、小板目肌鍛に地沸が付く鍛肌で地景現れる強固な鉄です。刃紋は、小沸出来の丁子乱れ刃紋で、足、葉、砂流しに金線が働くなどし、刃中良く冴えています。帽子は、直ぐとなって小丸へ返ります。茎は生ぶで長銘がきっちりと刻されています。宮口一貫齋寿廣の作品は、市場に出ることが少なく、恒寿との合作となると更に希少です。ファンの御客様には見逃せない逸品と思います。白鞘、銀無垢一重はばき。

ご注文はこちらから
注文する(日本語) ORDER (English)
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。
掲載されている商品は店舗でご覧いただけます。ご来店の前にお電話にてご確認ください。
電話・メール・WEBで問い合わせる銀座店のご案内はこちら

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




刀の新着一覧はこちら刀・太刀の一覧はこちら
新着日本刀ピックアップ
新着商品をもっと見る

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する株式会社 銀座 誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀販売 株式会社 銀座 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂におまかせください