日本刀の販売

勢州桑名住勝重は延宝頃(1673年頃)の人で、妖刀として有名な村正(伊勢桑名/三重県桑名市)の末流と伝えられるの刀鍛冶です。

刀 勢州桑名住 於播州姫路 (尾張・勝重) 日本刀剣保存会鑑定書

katana [Kuwana Katushige] [N.T.H.K] Nihontouken Hozonkzi


刀  勢州桑名住 於播州姫路 (尾張・勝重)  日本刀剣保存会鑑定書

価格 (price)御成約/sold out(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:KA-050112

鑑定書:Peper(Certificate): 日本刀剣保存会鑑定書 保存刀剣合格保証

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai) : 尾張国(Fucyu)・江戸時代・延宝頃(Edo era 167年頃)

刃長:Blade length(Cutting edge): 64.8cm(二尺一寸四分) 反り:Curve(SORI): 1.6cm
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba): 2.9cm 元鎬重:Thickness at the Moto-Kasane: 0.58cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.3cm  先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.47cm
茎:Sword tang(Nakago): 磨上茎、勝手下鑢目。目釘穴二

体配:Shape(Taihai): 中切先、鎬造、庵棟、姿健全。
彫物:Engraving: 表裏に元樋と添樋を彫る。
地鉄:Jitetsu(Hada): 杢目肌、地沸つく。
刃紋:Temper patterns(Hamon): 小沸出来の湾れ刃紋、
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi): 直ぐとなってこ小丸返り。。
登録:Others: 岡山県

【解説】勢州桑名住勝重は、尾張国、延宝頃(1673年頃)の人で、妖刀として有名な村正(伊勢桑名/三重県桑名市)の末流と伝えられるの刀鍛冶です。後に三河守を受領します。尾張、姫路にても作刀しました。千子村正のごとく、よく切れそうな御刀です。
作品体配は、 磨上て二尺一寸となった、身幅、重ね共に尋常。手持ちが良い御刀です。はばき元に棒樋と添樋を彫ります。地鉄は、杢目肌が現れる鍛肌で地沸が付きます。刃紋は小沸出来の湾れ刃で匂口は冴えて明るく、刃縁には砂流し金線等が働きます。帽子は直ぐとなって小丸に返ります。茎は一寸半ほど磨り上げて茎尻を切ります。何処と無く味わいが有る御刀です。白鞘、銀着一重はばき。保存刀剣合格保証します。

ご注文はこちらから
注文するorder
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




ご注文はこちらから
注文するorder

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する有限会社誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀・刀剣 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店「日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂」におまかせください