English Page

日本刀の販売

メニュー
トップページ » 日本刀販売 刀剣販売 刀販売 » 刀・太刀 » 刀 源秋利造之(播磨)附 拵(KA-030520)
姫路藩士、源秋利の慶応二年二月日の年紀が入った御刀です。附の拵も相応の作であり、本刀は姫路藩の高い身分の侍の帯刀と思われる。

刀 源秋利造之(播磨)慶応二年二月日 附 青貝微塵笛巻塗鞘打刀拵 特別保存刀剣

Katana [Minamoto-Akitoshi][N.B.T.H.K] Tokubetsu Hozon Token


刀 源秋利造之(播磨)慶応二年二月日 附 青貝微塵笛巻塗鞘打刀拵 特別保存刀剣

品番:KA-030520
価格 (price)1,400,000円(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

鑑定書:Paper(Certificate): 特別保存刀剣鑑定書

国・時代:播磨国,兵庫県(Hyogo・Himeji)・江戸時代後期 慶応二年(Edo era 1866)

刃長:Blade length(Cutting edge): 72.1cm(二尺三寸八分) 反り:Curve(SORI): 0.7cm
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.28cm 元鎬重:Thickness at the Moto-Kasane: 0.76cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.7cm  先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.6cm
拵全長:Length of Koshirae: 約102cm  茎:Sword tang(Nakago): 生ぶ。化粧筋違鑢目。目釘穴1個。

体配:Shape(Taihai): 鎬造、庵棟、中切っ先。
地鉄:Jigane(Hada): 小板目肌。
刃文:Temper patterns(Hamon): 湾刃紋。
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi): そのまま小丸へ返る。
登録:Registration Card:兵庫県

【解説】源秋利造之は姫路藩士で元姫路城の侍鍛冶として活躍しました。本作を見ての通りで、大変腕前が良い刀匠でしたが、やがて訪れる廃刀令1876年にかかり、刀工として継続が不可能となったこと、誠に気の毒であり惜しまれます。その為に遺作は非常に少なく、本品も資料性が高く、地元姫路にお住いの御客様には特にお薦めしたい御刀です。刻銘は、源秋利造之、姫路住市橋源秋利、姫路藩士源秋利造、などと銘を切りました。
本刀体配は、刃長が二尺三寸八分、元幅先幅が広く重ねも厚い、ごりっとした体配の刀です。地鉄は小板目肌が練れて無地風になるまで詰んで地錵が付く強い鍛の地鉄です。体配ともに実用を考えて作られた刀であることが判ります。刃紋は匂口深く小沸がやわらかく付く湾刃紋で、区から焼きだして物打に向かい焼き幅を広めます。物打あたりは実戦で一番消耗する部分ですから、刃幅を広く焼くということは理にかなっている訳です。帽子はそのまま小丸へ返ります。茎は生ぶで鑢目、刻銘ともに文句なしです。刻銘の書体から想像して源秋利という刀匠の真面目な人柄が感じられます。さて附の拵ですが、鍔も播州姫路の在銘鍔がついております。他の金物も非常に良いものでまとめられております。かなりの身分の侍の帯刀であったものと思われます。鞘の塗は手直しされているかも知れません。綺麗です。内外揃い伝来もよさそうな、姫路藩士、源秋利の慶応二年二月日の年紀が入った確りした御刀です。白鞘、青貝微塵笛巻塗鞘打刀拵、銀着一重はばき、特別保存刀剣鑑定書。

ご注文はこちらから
注文する(日本語) ORDER (English)
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。
掲載されている商品は店舗でご覧いただけます。ご来店の前にお電話にてご確認ください。
電話・メール・WEBで問い合わせる銀座店のご案内はこちら

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




刀の新着一覧はこちら刀・太刀の一覧はこちら
新着日本刀ピックアップ
新着商品をもっと見る

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する株式会社 銀座 誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀販売 株式会社 銀座 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示