日本刀の販売

古刀然とした雅味がある宇多貞国の在銘刀で、見事な拵付きの健全な御刀です。古刀好きな貴様に御奨めの御刀となります。

刀 宇多貞国 這龍研出鮫鞘打刀拵 日本刀剣保存会鑑定書・拵:旧特別貴重

katana [Uda Sadakuni][N.T.H.K] Nihon ToukenHozonkai


刀 宇多貞国 這龍研出鮫鞘打刀拵 日本刀剣保存会鑑定書・拵:旧特別貴重

価格 (price)1,800,000円(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:KA-010217

鑑定書:Paper(Certificate): 日本刀剣保存会鑑定書

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai): 越中国(Echiyu/Toyama) 元亀頃(Muromachi era 1570年頃)

刃長:Blade length(Cutting edge): 64.2cm(二尺一寸二分)  反り:Curve(SORI): 1.4cm
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba):2.95cm  元鎬重:Thickness at the Moto-Kasane: 0.65cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.35cm  先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.5cm
拵全長:Length of Koshirae : 約 97.3cm  茎:Sword tang(Nakago): 磨り上げ、鑢目切。目釘穴:(Mekugiana):2個。

体配:Shape(Taihai): 中切先、鎬造り、庵棟。
地鉄:Jitetsu(Hada): 板目肌。
刃紋:Temper patterns(Hamon): 皆焼きかかる腰開きの互の目丁子乱れ。
子:Temper patterns in the point(Bohshi): 直で小丸へ返る。
登録:Registration Card: 東京都

【解説】Additional Information:    宇多とは、鎌倉時代末の文保頃の古入道国光を祖とする刀工群であり、南北朝時代時代を経て室町時代に渡って繁栄します。鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての作品を古宇多と、室町期の作品を宇多と、それぞれ称呼します。名鑑によると、宇多で貞国を名乗るのは、貞治頃の貞国と、元亀頃の貞国だけであり、宇多貞国と四字銘で刻するのは、元亀頃の貞国だけであることから、いづれかの判明が可能である。宇多派の作品は大和伝の気質が強いですが、相州伝にかかるものもあり、地鉄は、板目に杢目等交じり肌がよく現れるなどします。本作も相州気質が強く現れた御刀で、時代の雅味が豊かであり、在銘といった点から大変貴重な逸品です。銘も確りとして姿に雅味があり古刀好きな貴様にはたまらない一振りです。
本刀体配は、刃長は二尺一寸二分で、身幅の元先、重ねは尋常。姿が誠に美しい御刀です。地鉄は板目肌が良く練れ肌現れ、映り現れるしっとりとした地金です。刃紋は小沸出来で、皆焼きがかった腰開きの互の目丁子乱れ刃紋で、様々な働きが見事な誠に冴えた刃です。帽子はそのまま直で深く焼いて小丸へ返ります。茎は磨り上げているものの、宇多貞国と、かなり確りと銘が残ります。古刀然とした雅味がある宇多貞国の在銘刀で、見事な拵付きの健全な御刀です。古刀在銘刀をお探しの御客様には最適な御品です。白鞘、金着せ一重はばき。日本刀剣保存会鑑定書、旧特別貴重小道具鑑定書。

ご注文はこちらから
注文するorder
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。
掲載されている商品は店舗でご覧いただけます。ご来店の前にお電話にてご確認ください。

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




ご注文はこちらから
注文するorder

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する株式会社 銀座 誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀・刀剣 銀座 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂におまかせください