日本刀の販売

トップページ » 日本刀販売 刀剣販売 刀販売 » 脇差 » 脇差 小林伊勢守国輝 (WA-080317)
本作は小林伊勢守国輝の特色と高度な技量を十分に示した脇差の優品になります。立派な赤銅一作金具を用いた拵も魅力です。

脇差 小林伊勢守国輝 延宝七年八月日 五つ胴落(金象嵌)黒呂塗鞘赤銅一作金具半太刀脇差拵 特別保存刀剣鑑定書

Wakizashi [Isenokami kuniteru] [N.B.T.H.K] NBTHK Tokubetuhozon


脇差  小林伊勢守国輝 延宝七年八月日 五つ胴落(金象嵌)黒呂塗鞘赤銅一作金具半太刀脇差拵 特別保存刀剣鑑定書

価格 (price)御成約/sold out(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:WA-080317

鑑定書:Paper(Certificate):  特別保存刀剣鑑定書

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai): 摂津(Osaka) 江戸時代初期、(Edo era 1679年)

刃長:Blade length(Cutting edge): 58.2cm(一尺六寸九分)反り:Curve(SORI): 1.8cm
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.15cm 元鎬重:Thickness at the Moto-Kasane: 0.73cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.45cm  先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.55cm 
拵全長:Length of Koshirae : 約 90cm  茎:Sword tang(Nakago): 生ぶ。筋違鑢目、目釘穴:(Mekugiana):2個。

体配:Shape(Taihai): 鎬造、庵棟、中切っ先。
地鉄:Jitetsu(Hada): 杢目肌、地沸つく。
刃紋:Temper patterns(Hamon): 湾れ刃紋。
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi): 直で小丸に返る。
登録:Registration Card:大阪府

【解説】小林伊勢守国輝は、初代河内守国助の四男で通称を隼之進と称し、初代国助の門人となり、その娘婿(四男)となり別家をたてと伝えられています。寛文十一年に伊勢大掾を受領し、同十二年から受領銘を伊勢守に転じます。元禄ころからは独特の御幣茎と称される茎仕立てを考案します。また彼の作品は裁断性能に優れ業物としても有名です。作風は津田助広に倣った濤瀾風の大互の目乱れを得意とし、井上真改・津田助広(二代)の没した後は大坂新刀の代表刀工として活躍しました。
この刀は、刀に迫る1尺9寸2分の刃長で、身幅、元先確りとした姿健全な小林伊勢守国輝の優脇差です。地金は、明るい地金の杢目肌詰んだ精美な鍛えに地沸微塵に厚く付きます。刃紋は、匂深く小沸よくつく湾れ刃紋を焼いています。健全な姿に冴えた明るい刃紋は同作中出色の出来映えを示しています。更に茎は生ぶで錆味良好にして、五胴落と金象嵌が入るあたりが魅力となる作品で、貴重な遺作であると言えます。帽子は、直となって確りと小丸へ返ります。さて、拵ですが、ご覧の通り上質な赤銅一作金具を用いた拵でたいへん立派なものです。目貫は金、格式の高さから見て相当身分の高い人の帯刀だったことが伺え知れます。黒呂漆も経年で上品な飴色に変わるなどし生ぶな拵でありますから、刀身と合わせて注文打ちした御刀であると考えられます。内外揃った魅力タップリな小林伊勢守国輝の脇差の優品です。白鞘、拵、金着せ二重はばき。特別保存刀剣鑑定書、

ご注文はこちらから
注文するorder
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




ご注文はこちらから
注文するorder

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する有限会社誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀・刀剣 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店「日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂」におまかせください