日本刀の販売

トップページ » 日本刀販売 刀剣販売 刀販売 » 刀・太刀 » 刀 美濃千手院 奉寄進 (KA-111611)
茎は生ぶ、長さも十分、身幅も重ねも申し分がなく、雅趣あふれ、古刀然とした迫力がある、美濃千手院派の奉納刀になります。

刀 無銘 美濃千手院 奉寄進 田川宗兵衛尉正清 保存刀剣鑑定書

katana [Mino Senjyuin Hounotou] [N.B.T.H.K] Nihon Token Hozon Kai


刀 無銘 美濃千手院 奉寄進 田川宗兵衛尉正清 保存刀剣鑑定書

価格 (price)御成約/sold out(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:KA-111611

鑑定書:Peper(Certificate): 日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai):美濃国(Minokoku/Gifu) 室町時代前期(Muromachi era)

刃長:Blade length(Cutting edge): 72.8cm(二尺四寸) 反り:Curve(SORI): 2.0cm
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.15cm 元鎬重:Thickness at the Moto-Kasane: 0.68cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.45cm  先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.53cm
茎:Sword tang(Nakago): 生ぶ茎、切鑢目、目釘穴一。

体配:Shape(Taihai): 鎬造、庵棟、中切先。
地鉄:Jitetsu(Hada):板目肌流れて、地沸つく。
刃紋:Temper patterns(Hamon): 湾れを基調とした乱れ刃紋。
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi): 細かく乱れ込んで小丸へ返る。
登録:Others: 福岡県登録

【解説】美濃千手院派は、平安末期より続く大和国千手院派が、南北朝期に美濃国赤坂に移住した一派です。美濃国赤坂に住し鍛刀しましたので、赤坂千手院とも呼ばれています。祖となる刀匠は、南北朝初期は貞和頃の国長と云われています。美濃千手院派は室町時代後期まで繁栄しました。
本作、身幅、重ともに確り、刀身の中間で深く反る姿の御刀で、刃長は二尺四寸。研ぎ古く、経年の疲れあるものの、総体的に見どころが多く、まだまだ充分に楽しめることの出来る一振りです。地鉄は、板目肌に杢目肌交じり流れて、肌立つ感があります。また微塵に地沸がついて地景入り、古刀然とした淡い沸え映りが立ます。刃紋は、少々複雑で、匂口柔らかい小沸出来の、ゆったりとした湾れを基調とした刃に、互の目丁子乱れ、二重刃、食違い刃混じり、小互の目や小丁子入り、刃縁には砂流しと金線がよく働いて冴えます。刃中ともどもに繊細な景色を見せています。帽子は細かく乱れこみ、先、火炎状となり、やや深く小丸へと返ります。茎は生ぶで、刃区もしっかり残っており、そういう面から言うと健体ということになります。奉寄進 田川宗兵衛尉正清と切りつけ銘が入ります。鞘には宇佐八幡宮奉納御太刀と鞘書が書かれており、本刀が神社に奉納されていた刀であることが判ります。宇佐八幡宮に関しましては、http://www.usajinguu.com/lineage.html をご覧下さい。位が高い神社です。このように、なにやら伝来が良さそうな御刀です。茎は生ぶ、長さも十分、身幅も重ねも申し分がなく、雅趣あふれ、古刀然とした迫力がある、美濃千手院派の奉納刀になります。白鞘、保存刀剣鑑定書

ご注文はこちらから
注文するorder
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




ご注文はこちらから
注文するorder

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する有限会社誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀・刀剣 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店「日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂」におまかせください