English Page

日本刀の販売

メニュー
室町時代の備前則光の短刀の名品。人気の両刃短刀。

短刀 則光 (備前)

Tantou [BIzen Norimitu] NBTHK Hozon


短刀 則光 (備前)

価格 (price)売約済/sold out(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:TA-08092

鑑定書:Paper(Certificate): 財団法人 日本美術刀剣保存協会 保存刀剣

Country(Kuni)時代 Era(Jidai) 備前国(Bizen 岡山県) 室町時代中期 文安頃(Muromachi era 1444~49年)

刃長:Blade length(Cutting edge): 25.6cm(八寸六分) 反り:Curve(SORI): 0.1cm  
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba): 2.83cm 元鎬重:Thickness at the Moto-Kasane: 0.9cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.23cm 先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.75cm
茎:Sword tang(Nakago): 生ぶ、鑢目勝手下がり、目釘孔2

体配:Shape(Taihai): 両刃造り。
地鉄:Jigane(Hada): 板目肌。
刃文:Temper patterns(Hamon): 匂い締まり心に小沸つく、湾れ調子の互の目。
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi): 直ぐになり小丸へ返る。
登録:Others: 東京都 昭和63年

【解説】備前長船「則光」初代は、鎌倉後期の嘉元3年(1,305)頃の刀匠でございます。彼は、かの長光の弟子と伝えられています。以降則光は、天正”則光”まで9代を数えました。しかしながら室町末期の頃の備前長船大洪水の為、後継が断たれました。

本作は文安の頃(1444~49年)四代則光の作と推されます。四代則光は助右衛門則光の子で五郎左衛門尉と称した名匠です。文明九年七十二歳と年紀ある作品が残ることから、応永年間の末から文明年間にかけて作刀したことが知られています。

本作の体配は室町中期から末期に掛けて多く作を見ることができる、両刃=双刃造りと呼ばれる形でございます。鎬を中央として左右に刃がついた、刺突時の殺傷能力を考慮して創作された実戦的な造り込みです。物情騒然たる応仁の乱以降頃から造られ始め、室町末期頃に渡り多く鍛刀されました。

この則光も姿が鋭く、覇気があり凛々と力溢れ見ていて引き込まれそうな妖気さえ感じる作でございます。高位武将の注文作であり、最後の頼みと綱として懐へ指されていたものと思います。姿は刃もタップリ残り、手に持って重ねの厚さに驚くもので、健体そのものです。刃文は匂い明るく小沸ついて冴え栄えとし、飛び焼を交え、刃中には古刀らしい複雑な働きがあって楽しめる文句なしの短刀でございます。

金着せ二重はばき。出来上々、良業物でございます。

全てのVISAカード、Masterカード、NICOSカード、UFJカード、DCカード、
がご利用頂けます。ボーナス一括払い。1~24回まで分割払いも可能。

ご注文はこちらから
注文する(日本語) ORDER (English)
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。
掲載されている商品は店舗でご覧いただけます。ご来店の前にお電話にてご確認ください。
電話・メール・WEBで問い合わせる銀座店のご案内はこちら

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




刀の新着一覧はこちら刀・太刀の一覧はこちら
新着日本刀ピックアップ
新着商品をもっと見る

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する株式会社 銀座 誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀販売 株式会社 銀座 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂におまかせください